『ダート重賞でプラスになる賢い狙い方』田中洋平

 

チャンピオンズカップが近いので、

今日はダート重賞でプラスになる賢い狙い方について。

 

ダート戦のオープン特別や重賞など、

上級条件は高齢馬の出走が多いと思いませんか?

 

基本、高齢馬を即ギリする私にとって、

出走馬が高齢ばかりだと、本当に困ります。

 

管理技術の進歩により、馬のピークが伸びて

上級条件のレースで高齢馬が活躍できる時代と言われますが、

実際、本当にそうなのか?を調べてみました。

 

まずは勝率を見るよりも

1着の総数に対してどれくらいのシェアがあるか?

という方が良さそうなので調べてみると、

 

◆500~1600万条件(ダート)

2歳 1.4%
3歳 27.6%
4歳 44.8%
5歳 20.7%
6歳 4.7%
7歳 0.6%
8歳 0.2%

 

◆オープン~重賞(ダート)

3歳 18.4%
4歳 19.6%
5歳 27.2%
6歳 25.3%
7歳 7.6%
8歳 1.9%

 

確かに上級条件は、高齢馬の1着シェアが多いです。

 

下級条件に比べて、6歳馬がガンガン勝っている感じです。

 

ということは、

高齢馬が勝利するレースを目にする機会が多い。

 

いつも高齢馬が勝ってる印象を受けますね。

 

では次に勝率を見てみましょう。

 

◆500~1600万条件(ダート)

2歳 7.4%
3歳 7.7%
4歳 8.1%
5歳 6.4%
6歳 3.7%
7歳 1.6%
8歳 1.8%

 

◆オープン~重賞(ダート)

3歳 7.9%
4歳 11.0%
5歳 9.2%
6歳 6.6%
7歳 2.9%
8歳 1.8%

 

勝率の場合、下級も上級も、

『まぁ、こんなもんかな・・・』という感じの勝率ですね。

 

今回のデータで分かることですが、

ダートの上級条件(オープン特別や重賞)は高齢馬の出走頭数が多い。

 

→そのため比例して勝利する機会が多くなる

→また高齢馬が勝った!と、いつも勝っている気がしてくる

→ダート上級条件は高齢馬をマークすべきだ!

 

 

このような勘違いを生み出す可能性があるということです。

 

というか、生み出します。

 

実際に、2013~2016年のダート重賞(G1・G2・G3)で、

3~5歳の馬の成績と回収率を調べてみました。

 

勝率10% 連対率18% 複勝率25%

単勝回収率148% 複勝回収率80%

 

反対に、同じ条件の6歳以上の馬の成績と回収率も確認しましょう。

 

勝率3% 連対率9% 複勝率15%

単勝回収率42% 複勝回収率49%

 

このように強烈に成績が下落します。

 

ダートは4~5歳時にバンバン重賞を勝ちまくっていた馬が、

6歳以上になっても人気を集めていることが多々あります。

 

しかし、このタイプは凡走することが多いので、

スルーが正解だと思います。

 

反対に若い馬たちは、積極的に狙って行きたい回収率ですね。

 

『なんとなく』という感覚ほどアテにならないことはないので、

しっかりデータを取って、賢く競馬予想に活かしましょう。

 

 

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。