『セントウルSの穴馬探し予想PART2』シベリアン

 

引き続き「セントウルS」の
穴馬探しです。

 

PART1では
セントウルSの転戦履歴の
傾向について記しました。

 

今回は、他の当レースの
ポイントを記していきます。

 

 

 

【ポイント2】
穴は牝馬が連れてくる

 

→近10年の当レース出走馬の
牡牝別成績を診てください。
このように「ダブルスコア」。
牝馬優勢です。

 

牡セン馬 複勝率15% 4.7.4.82
牝馬   複勝率28% 6.3.6.38

 

 

しかも近10年の当レースで
「5番人気以下」で3着以内に
好走した全13頭のうち9頭が
牝馬でした。昨年も牝馬の
大穴馬ラヴァーズポイントが
3着に激走しています。

 

つまり、セントウルSでは
「牝馬が穴を出している」と
いうこと。

 

牝馬は夏に強いと言われます。
しかも、前回PART1記事で
お伝えしたように当レースは
「夏競馬の延長線上としての
性質が濃い」一戦。ゆえに
このセントウルSは牝馬が
強いのかもしれません。

 

ただ、今年はここ数年よりも
夏の暑さが治まるのが少し
早かった点は気になって
いますが…。

 

 

 

【ポイント3】
アイビスサマーダッシュの
経由馬に注意

 

→近10年の当レース出走馬の
前走別成績は下記のとおり。

 

★アイビスSD 複勝率44% 3.1.0.5
高松宮記念  複勝率38% 1.2.0.5
★CBC賞   複勝率22% 0.1.1.7
★北九州記念  複勝率18% 5.1.5.50
安田記念   複勝率14% 0.1.0.6
★キーンランド 複勝率13% 0.1.0.7
オープン特別 複勝率10% 0.0.2.18
条件戦    複勝率 0% 0.0.0.5

 

★=サマースプリントシリーズ

 

 

前回原稿PART1で、
当レースは『基本的に
サマースプリントシリーズの
転戦馬を狙いたい一戦』と
記しましたが、特に
アイビスサマーダッシュを
前走で使っていた馬の好走が
目立ちます。

 

新潟千直のダッシュ戦を
走ってきたことで
気性的に「前がかり」の
状態になった(?)馬が、
先行有利の当レースで
好走しているパターンです。

 

 

 

【ポイント4】
前が止まらないレース

 

→近10年の当レースで
馬券圏に好走した全30頭の
3角-4角通過順を診てください。
(カッコ数字)は人気順。

 

07年 1着馬 (11)1-2  先行
07年 2着馬(7)10-8 差し
07年 3着馬(1)7-7 差し
08年 1着馬(3)4-5  先行
08年 2着馬 (11)3-3  先行
08年 3着馬(9)1-1  逃げ
09年 1着馬(5)3-2  先行
09年 2着馬(1)5-4  先行
09年 3着馬(11)2-2  先行
10年 1着馬(4)6-4  先行
10年 2着馬(2)9-12 差し
10年 3着馬(2)6-9  差し
11年 1着馬(2)2-2  先行
11年 2着馬(5)9-4  マクリ
11年 3着馬(1)7-4  先行
12年 1着馬(6)5-5  先行
12年 2着馬(1)3-3  先行
12年 3着馬(12)8-7  差し
13年 1着馬(2)1-1  逃げ
13年 2着馬(1)3-3  先行
13年 3着馬(3)5-5  先行
14年 1着馬(4)6-4  先行
14年 2着馬(1)2-2  先行
14年 3着馬(2)8-8  差し
15年 1着馬(10)1-1  逃げ
15年 2着馬(1)13-11 追込
16年 3着馬(5)4-5  先行
16年 1着馬(1)1-1  逃げ
16年 2着馬(2)5-5  先行
16年 3着馬(9)3-3  先行

 

 

説明不要でしょう。
直線での「追い抜き」が
非常に少ないのが、この
レースの特徴。30頭のうち
じつに22頭が「前へ行って
いた馬」でした。

 

4角の地点で「前から
7番手より後ろ」にいて
好走した馬は7頭だけ。

 

昨年も、逃げ先行馬の
ワンツースリー決着でした。

 

阪神1200m独特のタイトな
レイアウト、開幕週の芝の
状態が重なってのこの現象。
一昨年より秋の阪神の芝は
エアレーションが施されて
いますが、さすがは秋の
野芝オンリー馬場。脚質の
傾向は相変わらずの前有利が
続いています。

 

 

 

以上4点を鑑みたうえで、
今年の推奨馬をPART3で
会員様にお伝えします。

 

PART3・穴馬結論編に続きます。

 

 

 

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。