『競馬はデータで勝ち切る!京成杯AH』後藤博

今日は秋競馬の開幕最初の重賞である京成杯AHについてお伝えします。

メンバーとオッズを見るとこれはローカル重賞かと思ってしまいますね(笑)

何しろこのレースも1番人気が大不振ですがハンデ戦という事を考えれば
納得出来ます。

過去10年間 1番人気成績

勝率 11.1% 連対率 11.1% 複勝率 22.2%
単勝回収率 31% 複勝回収率 41%

今年の1番人気は3枠のどちらかになりそうですがともに前走はローカル重賞組で
間違いなく中央場所の重賞で勝ちきれるのか大いに疑問があります

しかし・・・前走の関屋記念を逃げ切ったマルターズアポジーですが今回斤量が
増えていると勝率が跳ね上がり有力の1頭になりますが騎手がやはり不安ですが
配当妙味は抜群で是非とも買い目の1頭には加えるべきでしょう。

前走1着、今回斤量増

3-0-1-1/5
勝率 60.0% 連対率 60.0% 複勝率 80.0%
単勝回収率 288% 複勝回収率 156%

別路線で上位人気に前走G1出走馬がいますがやはりこのパターンは狙い目。

勝率 13.3% 連対率 33.3% 複勝率 46.7%
単勝回収率 64% 複勝回収率 132%

ブラックスピネルは安田記念では負けすぎですがG3のハンデ戦な
有力の1頭でしょう。

重賞で重要な枠順ですがこのコースは掴みところがなく強いて言うなら8枠は
狙いづらいと言った感じ。

秋競馬の開幕週重賞、しっかりと的中させていい流れを掴みたいですね。

★後藤博 京成杯AHの狙い

2 ポンセルヴィーソ
5 マルターズアポジー
8 ブラックスピネル

以上になります。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。