『ローズSの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「ローズS」の穴馬探しを
お届けします。

次週末は、土・日・月の
3日間開催となります。

ローズSは、日曜に阪神で
行われる秋華賞トライアル。
外回りコースの芝1800mで
行われます。

さっそく当レース最大の
キモからお伝えする
ことにしましょう。

【ポイント1】
「桜花賞連対馬」が
意外に苦戦中

→タイトルどおり。
このローズSは、春の
牝馬G1(特にオークス)で
実積を残してきた馬が、
そのまま素直に好走する
ことが多いレースです。

ただし、一つだけ例外と
言えるのが「春の桜花賞で
連対した馬が意外に苦しむ」
傾向。下記を診てください。

★春の桜花賞連対馬の
ローズSでの全成績(2010年以降)

2010年 桜1着馬 アパパネ →  4着(1番人気)
2010年 桜2着馬 オウケン →  8着(3番人気)
2011年 桜1着馬 マルセリ →  6着(2番人気)
2011年 桜2着馬 ホエール →  1着(1番人気)
2012年 桜1着馬 ジェンテ →  1着(1番人気)
2012年 桜2着馬 ヴィルシ →  2着(2番人気)
2013年 桜2着馬 レッドオ →13着(3番人気)
2014年 桜2着馬 レッドリ →  6着(1番人気)
2015年 桜1着馬 レッツゴ →  4着(3番人気)
2016年 桜1着馬 ジュエラ →11着(2番人気)
2016年 桜2着馬 シンハラ →  1着(1番人気)
————————————–
2017年 桜1着馬 レーヌミ → ?
2017年 桜1着馬 リスグラ → ?

全馬が「3番人気以内」に
推されているにもかかわらず
ローズSでの成績の合計は
(3.1.0.7)。これはむしろ
低調と言っていいでしょう。

桜花賞・ローズSでは
求められる適性が微妙に
異なるためか、あるいは
春に「ピーク」を迎えた
馬が秋に萎んでしまう
ことが多いのか、はたまた
桜花賞で連対=すでに
賞金を積み上げた状況ゆえ
ここであまり仕上げず
秋華賞へ向けて仕上げの
お釣りを残しているからか…

いずれにせよ桜花賞で
連対した馬は、ローズSで
あまり走りません。過度な
過信は禁物なのです。

今年も桜花賞1・2着馬が
揃って出走予定。しかし
私はこの2頭を推奨扱い
する予定はありません。

PART2では
さらに別のテーマに
ついて記していきます。

PART2に続きます。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。