『第64回 ニューイヤーカップ(SIII) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着3回、2着3回、3着2回、2番人気は1着0回、2着3回、3着1回、3番人気は1着4回、2着1回、3着1回の成績で4番人気も1着2回、2着2回、3着1回と上位人気馬は安定した成績を残しています。所属別では船橋4勝、浦和3勝、大井2勝、川崎1勝で所属地区での差は大きくないです。好走傾向が高いのは全日本2歳優駿、JBC2歳優駿(北海道2歳優駿)、兵庫ジュニアグランプリのダートグレード競走出走経験がある馬や平和賞南関東重賞の上位馬です。
推奨馬は3頭です。

  • 3枠3番ジョーロノ
    前走は浦和所属馬限定の浦和ジュニアチャンピオンで唯一の57kgを背負っての出走でしたがスタートから危なげないレースで逃げ切り快勝と言っていい内容で勝利でした。昨年の南関東の重賞では3着以下がなく2走前の兵庫ジュニアグランプリも遠征して5着と重賞で安定した走りをしています。同型馬はいますがハナを取れれば強い競馬をしていて上位争い可能と思い同馬を推奨します。
  • 5枠5番トランセンデンス
    前走の全日本2歳優駿は初の遠征、左回りのレースと条件が揃わず6着でしたが、北海道では出遅れて11着と大敗した2戦目以外は掲示板外がない走りをしています。2走前のJBC2歳優駿でクビ差2着とダートグレード競走で上位争いが出来る力は持っていて、小久保厩舎に移籍して南関東で2戦目で前走からの巻き返し可能な1頭と思い同馬を推奨します。
  • 1枠1番サヨノグローリー
    デビューから浦和で5戦して3着以下がなく2戦目以降に距離を伸ばしてからは連対を外していない高いコース相性を持っています。今回が重賞初挑戦で相手も一気に強くはなりますが、1枠と枠の有利不利が大きい浦和1600mで好枠からのスタートは好材料で魅力です。展開次第ではチャンスがあっていい1頭と思い同馬を推奨します。

前走逃げ切り勝ちをしているサイダイゲンカイ、平和賞4着と重賞で好走実績のあるワールドリングを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は1月13日(水)第65回船橋記念(SIII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録