『第24回 TCK女王盃(JpnIII) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着3回、2着2回、3着3回、2番人気は1着4回、2着2回、3着1回、3番人気は1着0回、2着0回、3着3回の成績で1番人気、2番人気は勝率、連対率信頼できる数字を残していますが3番人気は1、2着がなく好成績を残せていません。所属別ではJRA9勝、船橋1勝でJRA所属馬が優勢です。前年のJBCレディスクラシック、クイーン賞のダートグレード競走で結果を残している馬、JRAのダート競争を勝利している馬が好走しています。
推奨馬は3頭です。

  • 5枠5番マドラスチェック
    前走のJBCレディスクラシックは得意としていない内枠からのスタートでしたが道中は馬群に包まれず砂を被らせない森騎手の好騎乗もありアタマ差の2着の好走でした。今回は出走頭数も少なくなりレースを進めやすいのはプラス材料です。前走のようなレースができれば今回も好勝負可能で連覇もできると思い同馬を推奨します。
  • 4枠4番マルシュロレーヌ
    前走のJBCレディスクラシックは中団からのレースでしたが最後の直線は2走前ほどの伸びはなく3着とダート転向後初めて負ける結果となってしまいました。2走前のレディスプレリュードの決めては魅力的でダートは3戦とレース数も少なく底はまだ見せておらず、前走から巻き返しは可能で上位争い可能と思い同馬を推奨します。
  • 8枠9番レーヌブランシュ
    昨年の関東オークス1着後は古馬相手に3戦して3着が最高と勝ちきれないレースが続いています。年が明けて斤量面の恩恵はなくなりますが伸びしろは1番あっていい1頭です。相手関係も変わっておらず逆転があっていいと思っています。外枠スタートですが頭数も少なくマイナス材料ではありませんのであっさり勝ってもおかしくないと思い同馬を推奨します。

今回の予想は以上となります。
次回は1月27日(水)第70回川崎記念(JpnI)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

話題作のフュージョンワンをプレゼント

これをお読みのあなたに、以下のような気持ちがあるなら、

「とにかく競馬で勝てるようになりたい」

「的中率が高くなる方法が欲しい」

「予想をもう一度勉強したい」

この無料レポートを強くオススメします!