『砂漠に放り出された西村淳也騎手が見事にV字回復!』田中洋平

 

昨年9月に減量の無くなった

西村淳也騎手の未来を心配した記事を書きました。

 

最近の若手騎手の多くが通る道ですが、

減量があるおかげでノーザンファーム生産馬に乗って勝利。

 

それを自分の実力と勘違いする。

 

どんどん天狗になって、関係者への態度が横柄になる。

 

恩師や厩舎スタッフへの感謝の気持ちを忘れる。

 

減量がなくなって勝てる馬が回って来なくなったら、

誰も助けてくれない。

 

年間5~6勝しかできない三流騎手に堕ちていく。

 

この脱落ルートにハマっているのが、昨年9月時点での西村淳也騎手でした。

 

 

減量があったのは5月10日までで、

5月16日からアドバンテージのない通常斤量になっています。

 

2週先くらいまで騎乗予定が決まっていることを考えると、

5月中の馬の質は、そこそこ担保されていたと推測。

 

しかし減量ナシの6月に入ると、成績が一気に悪化します。

 

そこからは見ての通り、成績が超低空飛行してますよね。

 

1~5月 30勝

6~9月 6勝

 

これが減量というアドバンテージが無くなった、若手騎手の現実です。

 

という感じの記事を書いたのですが、

西村淳也騎手はその後、どうなったのか?を見てみましょう。

 

 

実が昨年の10月からググっとV字回復しているのです。

 

減量のアドバンテージで馬質が良かった、

2020年1~5月までの平均6.4番人気で勝率が8.8%です。

 

それに対してV字回復以降、

2020年10月~2021年2月までの期間は

平均7番人気で勝率は8.2%という成績。

 

馬の質はまだ戻ってないけど、

成績面は減量ありの頃に戻りつつある印象です。

 

1~5月 30勝

6~9月 6勝

10月~翌年2月 30勝

 

しかもこの記事を書いているのが2月中旬なので、

2月の開催はあと4日ある。

 

ということは、

絶好調だった昨年の前半5ヶ月の勝利数を上回る可能性大。

 

西村淳也騎手は完全復活を遂げたと言って

良いのではないでしょうか。

 

このように逆境から這い上がった人は強い!

 

そこそこの騎手に育つのではないかと、

私は期待しています。

 

ちなみに西村淳也騎手を狙うポイントは、

裏開催。

 

裏開催とは第3場のことで、

今なら東京、阪神競馬場がオモテ開催で、小倉競馬場がウラ開催。

 

夏なら福島、小倉競馬場がオモテ開催で、函館競馬場がウラ開催。

 

このようにオモテ開催にはリーディング上位の騎手が集まり、

ウラ開催には若手騎手が集まるという構図です。

 

その裏開催に、西村淳也騎手はめっぽう強いのです。

 

 

しかもV字回復した2020年10月以降は回収率がハネて、

下記の成績になります。

 

勝率10% 連対率20% 複勝率30%

単勝回収率142% 複勝回収率97%

 

成績面が変わらないのに回収率がハネているということは、

人気のない馬で好走している証拠。

 

騎手としての腕が上がっているのでしょう。

 

また西村淳也騎手は

短距離でグイグイ押して行くより、中長距離が得意のようです。

 

 

裏開催のみの距離別の成績ですが、中長距離の成績がバツグンですね。

 

今なら小倉の中長距離戦で狙い目!ということ。

 

ペースが読める、

クレバーな騎手に成長したのかもしれません。

 

超一流騎手になれるよう、この先も頑張って欲しいですね。

 

『お花畑から砂漠に放り出された西村淳也騎手の未来は?』田中洋平

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録