『第12回 フジノウェーブ記念(SIII) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着3回、2着0回、3着1回、
2番人気は1着0回、2着1回、3着3回、3番人気は1着4回、2着2回、
3着0回の成績で上位人気馬の中では3番人気が好成績を残しています。
所属別では大井8勝、船橋2勝で2着も大井6回、船橋4回と
大井所属馬と船橋所属馬で分け合っています。
好走する傾向が多いのはゴールドカップ上位馬、トライアルのウィンタースプリントの2競争で
報知グランプリカップ、川崎記念出走馬からも好走する馬が出ています。
推奨馬は3頭です。

  • 1枠1番ベストマッチョ
    前走の兵庫ゴールドトロフィーは逃げる競馬でハナ差の2着と好走しました。
    JRAから移籍後は1400m戦では連対を外していない距離で
    ダートグレード競走でも連対実績がある得意としている舞台です。
    内枠を引いた今回もハナを取る競馬をしやすく前走より相手も楽になっていて、
    ハナを取れれば押し切れると思い同馬を推奨します。
  • 3枠5番クロスケ
    前走は2歳時以来となる1200m戦でしたが4番手の好位からレースを進めて
    3着に入る好走で再転入後初めて馬券圏内に入る好走でした。
    JRA移籍前から大井の重賞で好走している実績があり距離短縮もプラス材料となる結果でした。
    続けて短距離戦に出走するのは好材料で上位争いをしてもおかしくない1頭と思い同馬を推奨します。
  • 6枠11番サブノジュニア
    昨年のJBCスプリント勝利後はカペラS、根岸Sと2戦続けてJRAのダート重賞に出走しています。
    初コースや59kgの斤量と条件が揃わず結果は出ていませんが評価を下げる内容ではなく、
    大井に戻る今回は見直したい1頭です。
    今回も59kgと斤量は背負って得意ではない1400m戦ですが、
    実績はありあっさり勝ってもおかしくないと思い同馬を推奨します。

重賞で安定した走りをしているグレンツェント、1昨年の勝ち馬のキャプテンキングを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は3月17日(水)第66回ダイオライト記念(JpnII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録