『第66回 羽田盃(SI) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着6回、2着1回、3着0回、2番人気は1着2回、2着3回、3着1回、
3番人気は1着0回、2着4回、3着1回の成績で上位人気馬は高い信頼度を残しています。
所属別では船橋5勝、大井3勝、川崎、浦和が1勝ずつで船橋、大井所属馬が好成績を残しています。
好走馬の多くは京浜盃出走馬で同レースの1着馬は毎年のように上位争いをしています。
重賞となってからの雲取賞の連対馬も好走していて、この2レースの上位馬、
2歳時に重賞で好走した馬が強い傾向があります。
推奨馬は3頭です。

  • 5枠8番イグナイター
    移籍初戦だった前走の京浜盃は3コーナーから先頭に立つ競馬で最後は交わされて2着でしたが、
    地方の馬場にも対応した評価出来る好内容のレースでした。
    2戦目となる今回は叩いた上積みも見込めるのは好材料です。
    ナイターでの競馬は初めてで課題はありますが、キャリア3戦と底を見せていない魅力もあり、
    ここでも上位争い可能と思い同馬を推奨します。
  • 7枠12番マカベウス
    前走の京浜盃は休み明けでしたが3着に入る好走で今年初戦として好内容と言っていいレースでした。
    2歳時には平和賞1着もあり重賞でも好走している実績もあり、叩き2戦目の今回は前走以上の走りがあっていい1頭です。
    大井の外回りは馬券圏外がない得意なコースで走れるのも魅力で、
    好勝負可能な1頭と思い同馬を推奨します。
  • 3枠5番ランリョウオー
    前走の京浜盃は雲取賞と同じ2番手のレースでしたが、直線は伸びずに5着と初めて連対を外す結果に終わりました。
    今回は2走前の1着や2歳時に強い勝ち方をしている1800mに戻り100mでも距離延長はプラス材料です。
    2走前のようにスローペースで展開が向けば巻き返し可能で上位争いしてもおかしくないと思い同馬を推奨します。

京浜盃を差し切り勝ちして移籍後は負け無しのチサット、
雲取賞3着で1800mを連勝したタブラオを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は5月3日(月)第1回若潮スプリント(SIII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録