『中京記念が毎年なぜ荒れるのか?を教えましょう!』田中洋平

 

函館記念と中京記念のオンラインコンピ予想会、

ご視聴いただきありがとうございました。

 

今回で4回目ということもあり、かなり慣れましたね。

 

グダグダですが、

楽しくおしゃべりしているので、ぜひご覧になってください。

 

それと予想会の中でも回答したのですが、

私の書いたメルマガのデータに対して、下記のような質問がありました。

 

◆質問

今年の中京記念は小倉競馬場で開催されます。

これまでの中京競馬場のデータは参考になるのでしょうか。

 

◆回答

こちらの質問についてですが、

中京競馬場のデータは参考にならないと思います。

 

つまり中京競馬場が得意な血統などのデータは、

当然、小倉競馬場では通用しないでしょう。

 

ラップ、脚質、瞬発系、消耗系などのキャラも、

競馬場が違うと通用しないと思います。

 

しかし私がメルマガに書いたデータは、

前走のレースレベルが中心になっています。

 

前走G2&G1に出走していたレベルの馬なら、

G3レベルであれば、強い競馬をすることが多い。

 

というような感じですね。

 

これは中京競馬場でも小倉競馬場でも、

毎年メンバーレベルが似ているのであれば、

通用すると私は考えています。

 

競馬場に関係するファクターなら、

競馬場が違うのは致命的。

 

メンバーレベルに関係するファクターなら、

施行時期の変更、G1に格上げなどレースの役割が変わる。

 

このような違いが起これば致命的でしょう。

 

何が変わったのか?

 

という部分に注目すれば、

参考になる、参考にならないが分かると思います。

 

ではよろしくお願い致します。

 

◆ここまで

 

これはコンピ指数も同じで、

コンピ指数はパワーバランスを読み取ることができるツールです。

 

毎年荒れている中京記念が、

中京競馬場から小倉競馬場にかわったことで、急に荒れなくなる。

 

これはお分かりの通り、ノーですよね。

 

中京記念が荒れる理由は、

集まるメンバーが、同レベルの馬ばかりだから。

 

ミスニューヨーク

ダノンチェイサー(G3・1連対)

アンドラステ(G3・1連対)

ドリームソルジャー

ロータスランド

メイケイダイハード(G3・1連対)

アメリカズカップ(G3・1連対)

カテドラル(G3・3連対)

ボッケリーニ(G3・2連対)

ディアンドル(G3・2連対)

クラヴェル(G3・1連対)

アバルラータ

 

このようにG3なら、そこそこ活躍している馬ばかり。

 

ちなみにミスニューヨークは秋華賞5着の実績があり、

ロータスランドは前走リステッドを勝って3連勝中の上がり馬。

 

アバルラータは、リステッド競走で上位争いをしていて、

決め手もあるので、展開がスーパー向けばチャンスはゼロではない。

 

私の目から見て、ノーチャンスなのはドリームソルジャーくらいです。

 

この実力が横一線に近いメンバー構成なのに加えて、

さらにハンデ戦ですからね。

 

オッズと能力が一致しない馬が出てくるのは、当たり前となるわけです。

 

だから人気通りに決まらず、荒れる。

 

つまり中京競馬場であろうが、小倉競馬場であろうが、

毎年メンバー構成が似れば、荒れるものは荒れるのです。

 

だから前走のレースレベルから、その馬の実力を測る手法や、

コンピ指数でパワーバランスをみて、

勝ち馬が出現しそうなゾーンを予測するモデルには、開催場所は関係ない。

 

ということになります。

 

開催する競馬場が変われば、

参考にして良いファクターと、参考にしてはいけないファクターがある。

 

今年は変則開催で場所が変わるレースが多いようなので、

この部分をしっかり見極めて、予想に活かしてください。

 

オンラインコンピ予想会の動画はコチラ↓

 

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録