『第67回 東京大賞典(GI) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着4回、2着3回、3着2回、2番人気は1着2回、2着3回、3着2回、
3番人気は1着3回、2着2回、3着2回の成績で上位人気馬が高い勝率、連対率を残していて
4番人気以下の馬券圏内は少なくなっています。
所属別ではJRA所属馬が10勝で2、3着も8回となっていてJRA所属馬が上位独占することが多くなっています。
好走馬はチャンピオンズカップ、JBCクラシック出走馬で地方競馬では勝島王冠の連対馬が人気薄で好走しています。
推奨馬は3頭です。

  • 5枠9番オメガパフューム
    前走のJBCクラシックはスタートで出遅れて後方からでしたが、
    最後は直線の短い金沢でも良い脚で追い込んで2着と休み明けの1戦としては悪くない内容のレースでした。
    金沢から直線が長くなる大井へのコース替わりはプラス材料で、
    休み明けを叩いた上積みもあり好材料が揃っています。
    3連覇中と相性のいいレースで今年も勝利して4連覇を達成していい1頭と思い同馬を推奨します。
  • 7枠12番クリンチャー
    前走のチャンピオンズカップは14着と大敗しましたが、左回りは好走実績がなく
    昨年も11着と負けいているレースで評価を落とす1戦ではありません。
    右回りでは佐賀記念、名古屋大賞典を連勝、帝王賞でも3着に入る好走をしていて
    コース替わりはプラス材料です。ダートグレード競走に強い川田騎手が引続き手綱を取るのも魅力で上位争い可能と思い同馬を推奨します。
  • 2枠3番アナザートゥルース
    前走のチャンピオンズカップは好位からの競馬で3着とみやこSから連続で2桁人気で3着に入る好走をしています。
    大井でのレースは初めてですがダートグレード競走では大きく崩れておらず不安材料ではありません。
    脚質的にも好位で競馬も可能ですが逃げる競馬も出来る自在性もあり、
    内の好枠から前に行く競馬で好走してもおかしくない1頭と思い同馬を推奨します。

みやこS2着で魅力ある決め手を持っているロードブレス、
浦和記念で2着とダートグレード競走でも好走しているタービランスを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は12月30日(木)第15回東京シンデレラマイル(SIII)の予想です。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録