『競馬で勝てない人の思考・その1』田中洋平

競馬で勝てない人の思考、

その1は「先入観」と「裏取り」をしない!です。

 

競馬場で馬券を楽しむタイプの人に多いのですが、

誰が言ったか分からない格言(迷言)を、疑わずに信じてしまう。

 

良く言えば、純粋なんですけどね。

 

悪く言えば、騙されやすい人になります。

 

先週日曜日のグリーンチャンネルのパドック解説を聞いていると、

「ジャスタウェイ産駒なので成長力も期待できます」

というようなコメントが解説者から出ていました。

 

まージャスタウェイは、

成長力のあるハーツクライ産駒なので、

その成長力を受け継いでいる可能性は大きいですよね。

 

実際にジャスタウェイの成績を見てみましょう。

 

 

赤枠が2歳、青枠が4歳です。

 

3歳のときはG3レベルだった馬が、

4歳の夏、エプソムカップあたりからググっと力を付けて、

ピークの5歳にはドバイを含めて、G1を3勝するまでに成長。

 

これぞ、ハーツクライ産駒の成長力でしょう。

 

続いて、同じハーツクライ産駒のリスグラシューの成績も見てみましょう。

 

 

先ほどと同じく、赤枠が2歳、青枠が4歳。

 

リスグラシューは2~3歳のときからG1で2着していて、

勝ち切れないまでも、すでにG1レベルの馬ですね。

 

しかし4歳秋のエリザベス女王杯でG1を制覇すると、

そこからは破竹の勢いで、オーストラリアを含むG1を3連勝。

 

G1で惜しかった馬が、G1で勝てる馬に成長した、と言えるでしょう。

 

これがハーツクライの成長力。

 

ではハーツクライの後継種牡馬という位置付けにあるジャスタウェイは、

その成長力を産駒に伝えているのか?を見てみたいと思います。

 

 

赤枠が2歳、青枠が4歳です。

 

まずはジャスタウェイの初年度産駒で、大活躍したヴェロックス。

 

皐月賞2着、ダービー3着、菊花賞3着と、

安定の活躍をしましたが、勝ち切るまでには至りませんでした。

 

これは先ほど紹介したハーツクライ産駒のリスグラシューに

似た成績なのですが、その後の4歳以降の成績が違います。

 

4歳以降は、G3レベルでも馬券に絡めていない。

 

これは明らかにピークを過ぎた感じ。

 

ヴェロックスは3歳が能力のピークだったのでしょう。

 

 

続いて、ダノンザキッド。

 

現時点で現役の4歳馬ですが、成績を見るとすでにピークを過ぎた感じ。

 

赤枠で囲んだ2歳が最高で、

青枠で囲んだ4歳は、中山記念で1番人気を裏切るなどパッとしません。

 

この先もG1など重賞レベルに出走してきて、

さらに成長力のジャスタウェイ産駒などと言われるようであれば、

見限ってみるのも面白い存在。

 

もちろん馬は生き物なので絶対はないですが、

可能性だけで言わせてもらうと、成長しない可能性が高そうですよね。

 

ではここからはジャスタウェイ産駒で、

獲得賞金が上位の馬の成績を、ザーッと見てもらいます。

 

 

赤枠が2歳、青枠が4歳です。

 

もう一目瞭然ですが、

青枠の上、5歳で馬券に絡めたのはアウィルアウェイだけ。

 

2~3歳で大活躍して、

そのあとパタッと活躍が止まるのが、ジャスタウェイ産駒なのです。

 

現時点では、

ハーツクライの成長力を受け継いでいるとは言えない成績ですね。

 

みんな先入観で、

ジャスタウェイ産駒は成長力に長けているだろう!

と鵜呑みにして信じ込んでいる。

 

でも実際に調べてみるとそうでもない。

 

これはけっこう他にもあって、

情報過多の現代はすぐに信用せず、必ず裏取りが必要。

 

このちょっとの差が、馬券の差に繋がると思います。

 

今のところ、

ジャスタウェイ産駒は成長しない。

 

覚えておきましょう。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録