『宝塚記念2022タイトルホルダー血統考察』YRA

血統調査員のYRAです。
「血統表は競走馬の設計図!」ということで

今週は6月26日に開催された上半期総決算のグランプリ、宝塚記念を勝ったタイトルホルダーを取り上げます。

 


3枠6番タイトルホルダーは好スタート好ダッシュで先頭へ。
程なくしてパンサラッサが先手を主張すると、付き合わずあっさりと譲って2番手の位置。
ハイペースで逃げ馬が前をいく中、2馬身後ろを追走。
そのまま3~4コーナーを楽な手応えで進み、直線へ。
直線に入ってすぐに先頭へ躍り出ると、残り200mを切って後続を引き離した。
そのまま後ろを全く問題にすることなく、最後は堂々とレコードタイムでゴール板を賭け抜けた。
本馬はこれで6勝目。G1は前走の天皇賞(春)からの連勝で3勝目となった。

タイトルホルダーの父ドゥラメンテは現役時代、国内外で9戦5勝・2着4回のパーフェクト連対。
主な勝ち鞍は皐月賞と日本ダービー。
ダービーでは従来の父キングカメハメハが持つレコード(ディープインパクトも同タイムだった)を更新し、世代の頂点に立った。
そのまま三冠獲りを期していたものの、両前脚を骨折してしまい菊花賞を回避。
古馬となり、ドバイシーマクラシック2着→宝塚記念2着となった後、左前脚を損傷し競走能力を喪失。現役引退となり、種牡馬入りした。
2020年デビューのこの世代がファーストクロップ。
(2021年8月逝去)
2021年種牡馬ランクは第11位。

母メーヴェは現役時、22戦5勝(オープン馬)。
主な勝鞍は、丹頂ステークス(OP、札幌芝・2600m)
繁殖として、デビュー済み産駒は本馬を含め2頭。
半姉(父オルフェーヴル)メロディーレーン(現役)は3勝を挙げている。
繁殖力はかなり高い水準にある。
血統背景は、父Motivator(モンジュー~Sadler’s Wells~ノーザンダンサー系)×母父Shirley Heights(Mill Reef~Never Bend~ナスルーラ系)の組み合わせ。

父ドゥラメンテはサンデーを持つキングカメハメハ系種牡馬。
同じキンカメ系種牡馬であるロードカナロアの成功配合のパターンがそのまま当てはまる。
ロードカナロア産駒のG1馬4頭のうち3頭(アーモンドアイ、サートゥルナーリア、ステルヴィオ)は全て母方にサンデーサイレンスを持つことに加え、名牝Specialを持つ種牡馬が入っているという共通点がある。
本馬の場合、母父がSadler’s Wells系なのでこの条件に合致。
今後もキンカメ系は「Specialの血を増幅することが近道」と覚えておきましょう。

 


戦前のブログでは、Sadler’s WellsとNureyevのいずれかの血を持つ馬が過去馬券になっていることを紹介しました。
同時に、現在ではこれらの血を持つ馬の母数が多くなっていることから、この血をさらに増強している馬に注目と述べました。

このことを念頭に勝ったタイトルホルダーにS評価、3着デアリングタクトはA評価としました。
やはりこのレースは「Sadler’s Wells≓Nureyevのクロス」が有効であるということでしょう。
この傾向は来年も是非覚えておきましょう。

ということでこれにて上半期G1の全日程が終了しました。
これより夏競馬に本格突入。みんなで楽しい夏にしましょうね!

投稿者プロフィール

YRA
YRA
血統の設計図から好走率を占う予想家
趣味の一口馬主が高じて牧場通いをするも「馬関係者でも走る馬はわからない」という結論に至る。そこから少しでも走る馬を見極めるために血統に没頭。血統から展開されるレース回顧は好評を得ている。

データ競馬:TARGET frontier JV


・出馬表にデータマイニングの順位・数値を表示させたい
・特定の2頭の直接対戦の結果・経歴を調べたい
・予想するレースが行われるコースにおける、騎手・調教師・種牡馬の傾向を調べたい
・出走馬の前走レベルを簡単に比較する

などなど。

TARGET操作動画が無料で見られます↓