『先入観や心理に流されずに勝ち組を目指しましょう』嶋原崇

 

競馬の勝ち組(年間収支プラス)は全体の、約5%程と言われていますが、

この、狭き門を突破するには、どうすれば良いのでしょうか?

 

まず、間違ってはいけないのが、

競馬はJRAとの戦いではなく

他のプレイヤーとのお金の奪い合いです。

 

そんな本当に戦うべき相手に

圧倒的な差をつけない限りは、控除率という

蟻地獄にどんどん引っ張られて、負け組の世界に堕ちていきます。

 

では、どうやって差をつけるのか?

2つのテーマに着目していきましょう。

 

  • 競馬は先入観の塊である

ルメール騎手はリーディングで穴馬に乗っても好成績?

東京競馬場の直線は長いから、逃げ馬は弱い?

ディープインパクト産駒は重馬場に弱いのは本当か?

メインレースはG1の1番人気が強いイメージに偏っていないか?

 

  • 競馬は心理戦である

新聞の見出しや、影響力のある予想家さんの意見に流されてませんか?

人気が人気を呼ぶレースに揺らぎませんか?

1R、2Rなど初っ端は、まず的中させたいと内心思いますよね?

負けが込んだ、最終レースは一発逆転を狙いたくなった経験は?

 

こんな視点から見て

正しいデータや傾向を使っていくと

例え、物凄い馬券術を使わなくても、

基本に忠実に買っていれば、回収率は上昇します。

 

本日は、

心理戦から、具体例を1つ

ご紹介させていただきたいと思います。

 

テーマ

1R、2Rなど初っ端は、まず的中させたい人が多く

最終レースは一発逆転を狙う人が増えるのか?

 

こちらは、過去3年の1番人気のレースごとの成績。

 

 

ちなみに平均の1番人気の成績は、

 

 

この成績を比べると、

1R、2Rは

一番人気の成績が平均よりも高いのにも関わらず

単勝回収率は、低め

 すなわち、

初っ端のレースは、まず的中させたい

と言う方が多い と推測されます。

 

最終レースは、

勝率は、平均にも関わらず

回収率は90%とかなり高めで、

競馬で負けた人が、

1発逆転を狙った馬券を購入したと、

推測され、

1番人気の旨味がかなり増した状態になります。

 

更に12Rの、1番人気の馬が、1倍台までくれば、、

 

 

単勝回収率は、100%に乗ってきます。

 

このように、他のプレイヤーの心理の逆をつくことで

回収率を上昇させることが可能となるわけです。

 

思い込み、先入観、心理の裏に

隠されているお宝馬券を的中させましょう。

 

投稿者プロフィール

嶋原崇
嶋原崇
統計データに精通する仕事人
競馬統計新聞の敏腕編集長。2020年に年間プラス収支を達成して、そこから連続プラス収支継続中。期待値が高い馬券を狙うスタイルで、徹底的に回収率にこだわる仕事人。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録