『マイルチャンピオンシップ2022セリフォス血統考察』YRA

血統調査員のYRAです。
「血統表は競走馬の設計図!」ということで

今週は11月20日に開催された秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップを制したセリフォスを取り上げます。

 


5枠10番セリフォスはぼちぼちのスタートから、中団後ろの12~13番手を追走。
3~4コーナーの大外をまわってくると、最後方まで位置が下がって直線へ。
残り200mの地点でもまだ後方だったが、鞍上の檄に応えながらぐんぐんと前をとらえていく。
一頭違う脚色で、内側で繰り広げられていた争いを尻目に、最後はゴール前で完全に抜け出してゴール板を駆け抜けた。
本馬はこれで5勝目。重賞は前走富士S(G2)に続く4勝目で、ついに初G1のタイトルを手にした。

セリフォスの父ダイワメジャーは現役時、28戦9勝。
主な勝鞍は皐月賞、天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップ(2回)、安田記念。
ダートで初勝利を挙げ、G1の舞台・皐月賞で芝の初勝利を飾るという異色の経歴を持つ。
その後、喘鳴症を患うも復活し、天皇賞(秋)を制した姿は多くのファンに感動を与えた。
妹には名牝ダイワスカーレットがいる。
2021年種牡馬ランクは第9位

ダイワメジャーについての詳細はこちらをご覧下さい。

母シーフロントはフランス産馬で現役時、23戦5勝(オープン馬)。
現役引退後、日本に輸入されて繁殖牝馬となった。
繁殖として本馬が2頭目。
1つ上の半兄(父オルフェーヴル)は現在3勝を挙げている。
繁殖力は相当高い水準にあると言える。
血統背景は父Le Havre(~Blushing Groom~Red God~ナスルーラ系)と母父Freedom Cry(~Nureyev~ノーザンダンサー系)の組み合わせ。

父ダイワメジャーに母系Blushing Groomを持つ馬の組み合わせは、コパノリチャード(高松宮記念)、メジャーエンブレム(阪神JF、NHKマイルC)といったG1馬を始め、活躍馬を多く輩出している相性の良い配合。

早期始動のダイワメジャー産駒らしく、2歳時にはデビューから3連勝で重賞を制覇した。
暮れの大一番では2着に敗れたが、3歳となった今年、NHKマイルCと安田記念でともに4着とすると、この秋ついに大輪を咲かせるに至った。

 


戦前には王道種牡馬が素直に好走するレースと紹介しました。
2着に入着したダノンザキッドはこの舞台に相性の良いハーツクライ系のジャスタウェイ産駒で、昨年3歳時に3着としていました。
成長力がある血統で、昨年よりも1つ着順をあげたという結果です。

勝ったセリフォスは本稿で取り上げた通り、ダイワメジャー産駒で、3歳が最も旬な血統です。
2歳時には同舞台となるデイリー杯2歳Sを勝っていました。

3着には阪神芝1600mで無類の強さを誇るソダシが実力通り、馬券圏内を確保しました。

ということでこのレースは血統というよりも、実績上位の馬が素直に走るという視点で良いのかもしれません。

まぁ来年は再び京都開催に変わるのでまた傾向も変わってきます。
なので今年負けた方は引きずることなく来年に向かいましょう!

さぁ今週はジャパンカップです。
海外の強豪も参戦してきますので、しっかりと血統考察をしていきます。
今週もよろしくお願いします。

投稿者プロフィール

YRA
YRA
血統の設計図から好走率を占う予想家
趣味の一口馬主が高じて牧場通いをするも「馬関係者でも走る馬はわからない」という結論に至る。そこから少しでも走る馬を見極めるために血統に没頭。血統から展開されるレース回顧は好評を得ている。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?