『日刊コンピ指数1位の上位ゾーンは相変わらず強い!』田中洋平

 

2023年6月末に出版した、

新テクニカル6!

 

Amazonで見る

 

この書籍で2020年9月頃から、

コンピ指数に異変が起きていることを初公開しました。

 

日刊スポーツのコンテンツである、

極ウマAIのリニューアルに伴って、

コンピ指数にも何らかのテコ入れがあった模様。

 

と言っても、

改悪されたのではなく、

コンピ1位の上位勢の成績が良くなりました。

 

コンピ1位の上位というのは、

指数値83~90のゾーンのこと。

 

まずはコンピ指数がリニューアルする前の

2年間の成績をご覧ください。

 

期間は2018年10月~2020年9月。

 

◆コンピ1位83~90

勝率42% 連対率61% 複勝率74%

単勝回収率80% 複勝回収率87%

 

続いてリニューアル後の2年間、

期間は2020年10月~2022年9月。

 

◆コンピ1位83~90

勝率48% 連対率66% 複勝率77%

単勝回収率89% 複勝回収率89%

 

リニューアル後は、

コンピ83~90の指数値を付けられる数が減り、

少数精鋭になって成績面がアップしています。

 

そのため、回収率もアップしているわけです。

 

では次に2022年の10月以降は?

 

◆コンピ1位83~90

勝率45% 連対率65% 複勝率76%

単勝回収率82% 複勝回収率88%

 

やや勝率が落ちているため、

単勝回収率もダウンしている感じです。

 

私としては、

コンピ指数のリニューアル公開により、

もっと回収率がダウンするのではないか?

 

という懸念を抱いていましたが、

思ったより悪くはなっていないようです。

 

◆コンピ1位90

勝率66% 連対率80% 複勝率89%

単勝回収率96% 複勝回収率97%

 

◆コンピ1位88

勝率57% 連対率76% 複勝率84%

単勝回収率87% 複勝回収率92%

 

◆コンピ1位87

勝率50% 連対率63% 複勝率70%

単勝回収率91% 複勝回収率79%

 

期間は2022年10月~2024年6月。

 

このようにコンピ87~90のゾーンは、

相変わらず高い回収率を誇っています。

 

これだけ良い成績でありながら、

回収率が90%を超えているというのは、

それだけ指数値の確度が高いという証拠。

 

うまく絞り込むことができれば、

高確率で的中する必勝法を作ることも、

可能かもしれません。

 

コンピ1位の上位ゾーンは、

回収率がおいしい!とまだ世間にバレていないうちに、

がっちりと稼いでおきましょう。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

話題作のフュージョンワンをプレゼント

これをお読みのあなたに、以下のような気持ちがあるなら、

「とにかく競馬で勝てるようになりたい」

「的中率が高くなる方法が欲しい」

「予想をもう一度勉強したい」

この無料レポートを強くオススメします!