『不良馬場はベテランか?それとも若手騎手か?』田中洋平

 

2020年3月29日の中山競馬場は、

桜が咲くコースに雪が積もって、競馬続行不可能。

 

3レース目以降は、

出馬表の内容を変更したうえで、3月31日に開催となりました。

 

今年は異常な暖冬でしたが、

もうすぐ4月というこの季節に関東で雪が降るのも異常。

 

コロナウイルスの蔓延もあり、今年は色々とおかしいですね。

 

とりあえず競馬が無事に行われることを祈りましょう。

 

さて、中山競馬場は1レースまで雨だったので、

ダートは水が浮くような不良馬場。

 

まさにドロンコ馬場という様相でした。

 

このレースを見ていて思ったのが、

馬を御す技術に長けているベテランの方が有利か?

それとも斤量の軽い若手騎手の方が有利なのか?

 

ということ。

 

ドロンコ馬場だと馬が脚を滑らして危険なこともあるので、

経験豊富なベテランの方が上手く乗りそうな気もします。

 

反対に減量の恩恵がある見習騎手の方が、

馬に負担が少ないので、脚を滑らす危険が少なくなる。

 

なかなか難し問題ですね。

 

ということで、TARGETで調べてみました。

 

使うデータは2015~2020年で、

「芝、稍重、重」対「不良」という対比にしています。

 

◆芝、稍重、重馬場

騎手分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
初年 852- 830- 827- 10908/ 13417 6.4% 12.5% 18.7% 67 70
2年目 934- 864- 958- 11891/ 14647 6.4% 12.3% 18.8% 70 71
3年目 1004- 919- 887- 11285/ 14095 7.1% 13.6% 19.9% 73 69
4~10年 4051- 4125- 4019- 49432/ 61627 6.6% 13.3% 19.8% 74 72
11~20年 5755- 5846- 5946- 61968/ 79515 7.2% 14.6% 22.1% 74 73
21年~ 3417- 3566- 3505- 37086/ 47574 7.2% 14.7% 22.0% 69 72

 

◆不良馬場

騎手分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
初年 40- 36- 30- 464/ 570 7.0% 13.3% 18.6% 132 81
2年目 41- 40- 41- 484/ 606 6.8% 13.4% 20.1% 104 86
3年目 48- 28- 36- 456/ 568 8.5% 13.4% 19.7% 48 56
4~10年 172- 154- 161-1968/2455 7.0% 13.3% 19.8% 67 78
11~20年 193- 218- 211-2236/2858 6.8% 14.4% 21.8% 90 84
21年~ 109- 137- 134-1356/1736 6.3% 14.2% 21.9% 64 72

 

 

見比べたら一目瞭然ですが、

1年目~2年目の騎手の成績が不良馬場ではアップしていますね。

 

そして反対に11年目以上の騎手の成績がダウン。

 

3~10年目の騎手は、横ばいという感じでしょうか。

 

このデータから推測するに、

斤量の軽い、そして怖いものなしの若手騎手が、

ガシガシと押して前のポジションに行く。

 

そしてそのままゴールに雪崩れ込む。

 

ベテランは怪我が怖いので、危ない時はムリをしない。

 

ということが想像できますね。

 

ちなみに不良馬場で馬体重が480kg以上の馬のデータを見てみましょう。

 

◆不良馬場+馬体重480kg以上

騎手分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
初年 18- 13- 12- 167/ 210 8.6% 14.8% 20.5% 157 76
2年目 17- 10- 12- 168/ 207 8.2% 13.0% 18.8% 145 81
3年目 19- 15- 11- 179/ 224 8.5% 15.2% 20.1% 50 51
4~10年 89- 59- 72- 757/ 977 9.1% 15.1% 22.5% 84 83
11~20年 93- 105- 97- 977/1272 7.3% 15.6% 23.2% 70 75
21年~ 52- 58- 50- 587/ 747 7.0% 14.7% 21.4% 70 61

 

 

馬が重たいということはドロンコ馬場でも沈み込んで、

重戦車のようにドシドシと走れる。

 

それにプラスして、騎手が軽いなら走りやすいですよね。

 

このようにレースを観戦して疑問を持つ。

 

それをTARGETで調べてみる。

 

なぜ?そのデータになるのか?を理論で裏付ける。

 

この一連の作業を繰り返してやると、

お宝パターンに出会う可能性が高くなります。

 

ぜひ繰り返しやってみてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録