『第65回 大井記念(SI) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着6回、2着無し、3着2回の成績で好成績を残していると言えますが1着か着外のどちらかの傾向が出ています。次いで成績が良いのは4番人気で1着2回、2着1回、3着1回の成績で続いています。所属別では大井5勝、船橋5勝と2地区で1着を分け合っています。S1となる前から前走ブリリアントカップやダートグレード競走からの出走組が中心となります。
推奨馬は3頭です。

  • 8枠12番ストライクイーグル
    前走のブリリアントカップは好位からの積極的な競馬でスローペースの展開も味方しましたがノンコノユメを抑えて1着と評価できる内容で昨年の東京記念以来の勝利でした。S1とレース格が上がりますが大きく相手強化された出走メンバーとは言えないので、前走同様のレース運びが出来れば連勝出来るチャンスと思いますので同馬を推奨します。
  • 6枠8番グリードパルフェ
    前走の皐月盃は後方で待機していた馬が上位に入る結果で先行した同馬には厳しい展開で7着と負けていますが、2走前の柏の葉オープンは3着で先週の川崎マイラーズを勝利したグレンツェントに先着していて重賞でも通用する能力は持っています。近走は船橋でのレースが続いていますが昨年の東京ダービー4着、黒潮盃2着と大井で好走していて人気薄の1頭とは思いますが狙ってみたい1頭として同馬を推奨します。
  • 3枠3番マルカンセンサー
    前走のブリリアントカップは外枠スタートで道中も好走パターンの内に入れることが出来ずに外を追走して得意の展開に持って行けずに11着と大きく負けてしまいました。今回は3枠と内枠からのスタートで前走より楽に入れる枠でレースが出来れば牡馬相手でも通用してもおかしくない1頭で昨年の東京記念は4着の成績も残しています。前走からの巻き返しを期待して同馬を推奨します。

成績も安定していませんが1昨年の2着馬のサブノクロヒョウ、前走1着のフレアリングダイヤ、距離延長はプラスではありませんがタービランスを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は5月27日(水)第24回さきたま杯(JpnII)の予想をお届けします。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録