『第22回 ジャパンダートダービー(JpnI) 予想』斉藤イサオ

過去10年で1番人気は1着5回、2着2回、3着1回で信頼出来る数字を残しています。2着来ているのは4番人気以内で連対している馬は人気上位の馬が来ています。所属別ではJRA所属馬が8勝、地方所属馬が2勝です。近年は前走1着馬が好成績を残していてユニコーンS、兵庫チャンピオンシップや鳳雛Sから好走馬が出ています。地方馬で好走出来るのは羽田盃、東京ダービーの上位馬です。
推奨馬は3頭です。

 

  • 7枠11番ミヤジコクオウ
    前走の鳳雛Sは2走前の伏竜Sのようにゲート内で立ち上がったりスタート後に躓くことなくスムーズにレースを進めることが出来て2着に3馬身差と完勝と言っていい好内容のレースでした。スタートで躓いた2走前以外では好位で競馬が出来る脚質、3着以下もなく安定した成績を残しています。前走に続き外枠からのスタートはこの馬にとっては好材料でここでも上位争い出来る1頭として同馬を推奨します。
  • 2枠2番カフェファラオ
    前走のユニコーンSは出遅れることなくスタートを決めて2番手を追走、直線に入っても余裕を持ったまま楽に抜け出して2着に5馬身差と楽勝といっていい内容の勝利でした。今回は内枠からのスタート、距離延長やナイター競馬、詰まった間隔でのレースと課題はありますがこのメンバーに入っても能力は抜けていてあっさり勝ってもおかしくない1頭と思い同馬を推奨します。
  • 5枠7番ブラヴール
    東京ダービーは競走除外でレースに出ることは出来ませんでしたが、クラシックトライアルから見せている直線で確実に追い込んでくる末脚が魅力です。除外後のレースで状態がどこまで良くなっているか不安はありますが強いJRA所属馬が相手でも通用してもおかしくない末脚を持っていて、好勝負可能な1頭と期待して同馬を推奨します。

ユニコーンSは5着でしたが距離がプラスとなりそうなキタノオクトパス、前走2000mで2着のダイメイコリーダを相手の候補に挙げたいです。

今回の予想は以上となります。
次回は7月15日(水)第24回スパーキングレディーカップ(JpnIII)の予想をお届けします。

投稿者プロフィール

斉藤イサオ
斉藤イサオ
常識にとらわれない南関コンピ職人
南関コンピをベースに、過去のレース傾向、騎手の成績、持ち時計などのファクターを駆使して予想を組み立てる職人。馬券は本命重視で、過去データの扱いに長けている。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録