『単勝と馬単全点買いでオトクなのはどちらか?』田中洋平

 

今回は馬券の払い戻し率にフォーカスします。

なんとなくですが、単複馬券がオトクなのは感覚的に分かっていると思います。

 

 

 

しかしあまり意識せず、自分の好きな馬券種を買っているのではないでしょうか?

例えば3連単馬券に特化した馬券術を開発済みであったり、馬連と相性の良い馬券術を持っているなら話は別ですが、これと言ってこだわりがないなら注目してください。

 

まず単勝と馬単全点買いの的中率が同じなのは分かりますよね?

 

1番人気の単勝1点 = 1番人気1着固定の全点流し

 

近3年分データを見てみると、10359レースあって、的中は3317レース。

的中率は32%です。

では回収率に違いはあるでしょうか?

下記データをご覧ください↓

 

——————————-

◆単勝

該当レース数 : 10359 レース
的中レース数 : 3317 レース
レース的中率 : 32.0 %

回収率    : 78.2 %

最高獲得配当 : 590 円
最低獲得配当 : 110 円
平均獲得配当 : 244 円

◆馬単

該当レース数 : 10359 レース
的中レース数 : 3317 レース
レース的中率 : 32.0 %

回収率    : 70.5 %

最高獲得配当 : 81770 円
最低獲得配当 : 200 円
平均獲得配当 : 2966 円

——————————-

 

いかがですか?

回収率がぜんぜん違いますよね?

単勝1点と、馬単全点買いは意味合いは同じですし、的中率も同じなんですが、回収率が違うのです?

では次に5番人気のデータを見てみましょう↓

 

——————————-

◆単勝

該当レース数 : 10357 レース
的中レース数 : 746 レース
レース的中率 : 7.2 %

回収率    : 80.1 %

最高獲得配当 : 3610 円
最低獲得配当 : 370 円
平均獲得配当 : 1111 円

◆馬単

該当レース数 : 10357 レース
的中レース数 : 746 レース
レース的中率 : 7.2 %

回収率    : 64.4 %

最高獲得配当 : 335200 円
最低獲得配当 : 1570 円
平均獲得配当 : 12049 円

——————————-

 

1番人気以上に単勝と馬単の回収率が違います。

15%以上違うのは、かなり大きいですよね。

では最後に10番人気のデータをご覧ください。

 

——————————-

◆単勝

該当レース数 : 9832 レース
的中レース数 : 165 レース
レース的中率 : 1.7 %

回収率    : 71.3 %

最高獲得配当 : 13800 円
最低獲得配当 : 1400 円
平均獲得配当 : 4245 円

◆馬単

該当レース数 : 9832 レース
的中レース数 : 165 レース
レース的中率 : 1.7 %

回収率    : 47.6 %

最高獲得配当 : 345230 円
最低獲得配当 : 5490 円
平均獲得配当 : 39090 円

——————————-

 

5番人気以上に回収率の差が開きました。

いかがですか?

なんとなく馬単を買っているのであれば、単勝に切り替えた方がオトクなのです。

世の中には気にしないことで、損をしていることがたくさんあるので、下記ページをご覧になり、よく考えてみましょう。

勝馬投票法ごとの払戻率

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。