『競馬で勝てる脳を鍛えるクイズ②』田中洋平

 

前回の「競馬で勝てる脳を鍛えるクイズ」で、

ディープ産駒の儲かるお宝ポイントを紹介しました。

 

今回は2つ目のお宝ポイントを紹介します。

 

これこそ、私が伝えたい真髄で、

2つ目の儲かるポイントは障害レースです。

 

◆障害レース+ディープ産駒

勝率16% 連対率30% 複勝率40%

単勝回数率77% 複勝回収率95%

 

障害レース自体が注目度が低いですが、

あまり血統面に注目して予想する人が少ないと推測できます。

 

ただし、どんなに平地での脚が素晴らしくても、

障害レースは障害を飛ぶ適正が必要です。

 

ということで、

先ほどと同じ前走1~5着(障害のみ)という条件を足してみましょう。

 

ディープ産駒で障害飛越の適正もある馬です。

 

◆障害レース+ディープ産駒+前走障害1~5着

勝率24% 連対率39% 複勝率48%

単勝回収率112% 複勝回収率76%

 

やはりシンプルですね。

 

障害はやらないとかの次元の話ではなく、

注目されないお宝が眠っているなら、そこを掘り起こす気概が大切です。

 

みんながやりたいこと、みんなが好きなことをやっても

 

この世の中は儲からないのです。

 

いかがでしたか?

 

まずはみんなが注目しないオッズの甘い部分を探しましょう。

 

次に絞込みですが、スジの通らない絞込みはアウトです。

 

Q、なぜ前走1~5着の馬に絞るのか?

A、障害飛越の能力が低い馬を排除するため

 

このように明確な理由を答えられる絞込みをやりましょう。

 

オリジナル馬券術を作れるように頑張って勉強しましょう。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。