『3度目の正直に賭けたら果たして儲かるのか?』田中洋平

 

この世の中、

同じ失敗はだいたい2度目まで許されます。

 

「3度目の正直!」という言葉もあれば、

「2度あることは3度ある!」というの言葉もあります。

 

つまり2回ミスった状態で、

次の3度目をどう考えるか?ということですね。

 

この考え方は人それぞれですが、

私は「2度あることは3度ある!」と考えるタイプです。

 

「3度目の正直!」というのは、

どうしても運任せで神頼みのような印象を受けますし、

そもそも失敗した理由を根本改善できていないのであれば、

3度目は高い確率で失敗することが目に見えているからですね。

 

失敗理由の特定と改善がされていれば、

それはまた話は別ですよ。

 

同じ失敗を繰り返すというのは、やはり厳しいと思います。

 

と、人間の話はここまでにして、

ここからは競走馬の話をしたいと思います。

 

例えば、

 

3走前 → 2着

2走前 → 10着

1走前 → 12着

今走 → ?着

 

3走前にサクッと2着に好走していますが、

ここ2戦は凡走していて、なかなか厳しい成績。

 

あなたは上記のような馬に遭遇したとき、

「3度目の正直!」と思うか?

それとも「2度あることは3度ある!」と思うか?

 

さてどちらでしょう?

 

実はこの場合は3度目の正直!

3回目に自分を取り戻して成功する!となる場合が多いです。

 

3走前 → 2着

2走前 → 6着~18着(着差1秒以上)

1走前 → 6着~18着(着差1秒以上)

今走 → 儲かる馬に大変身!

 

となるのです。

 

例えば、2017年7月22日、

福島7レースの未勝利戦で勝利した、

ロマンスマジックの成績を例にして見てみましょう。

 

3走前 → 2着

2走前 → 11着(着差1.9秒)

1走前 → 13着(着差2.0秒)

今走 → 1着

 

このように2度の凡走をはさんで、見事に勝利しています。

 

そして面白いのが単勝オッズの推移で、

 

3走前 → 2着

2走前 → 4番人気(8.0倍)

1走前 → 4番人気(14.7倍)

今走 → 9番人気(31.7倍)

 

このように凡走するごとに、しっかり人気を落としていきます。

 

2着に入る能力があるのに、

コース、距離、騎手、馬場などの適性が合わずに凡走。

 

見限られたら、好走するというパターンですね。

 

けっこうこれに当てはまる馬が多く、

2014年からのデータでザックリと調べてみると、

 

勝率8% 連対率15% 複勝率21%

単勝回収率127% 複勝回収率88%

 

とプラス回収になります。

 

馬の場合は、多くの人がかかわって試行錯誤しているので、

失敗理由の特定と改善がされているのでしょう。

 

人間は本人の頑固さが邪魔をして簡単に変わりませんが、

競走馬は人間の手で、成功に導くことができます。

 

3走前に好走、ここ2戦は凡走している馬を見つけたら、

ぜひ注目してみましょう。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。