『1番人気が飛ぶタイミングを見極める方法』田中洋平

 

今日はしっかり研究すれば、

かなり使えそうなネタを書こうと思います。

 

とても単純なことですが、

私はあまり意識していなかったことです。

 

2014年~2016年の3年間の

1番人気の成績は以下のとおりです。

 

勝率32% 連対率51% 複勝率64%

単勝回収率78% 複勝回収率83%

 

しかしある条件に当てはまると、

 

勝率27% 連対率49% 複勝率64%

単勝回収率69% 複勝回収率84%

 

このように勝率が落ちます。

 

そのある条件とは、使い込まれた馬です。

 

デビュー、または休み明け6戦目以降になると、

そろそろ疲れが出てきて、人気になっても走れない。

 

そこを狙おうという考え方ですね。

 

先ほどの明け6戦目以降の1番人気の成績を、

芝、ダート別に見てみると、

 

◆今回が芝の場合

勝率26% 連対率45% 複勝率59%

単勝回収率68% 複勝回収率81%

 

◆今回がダートの場合

勝率28% 連対率51% 複勝率66%

単勝回収率69% 複勝回収率86%

 

このように芝のレースを使われている馬のほうが、

お疲れで勝ち切れないご様子。

 

さらに芝の場合で、牡馬&セン馬と牝馬に分けてみたら?

 

◆芝+牡馬&セン馬

勝率29% 連対率47% 複勝率60%

単勝回収率73% 複勝回収率82%

 

◆芝+牝馬

勝率21% 連対率43% 複勝率57%

単勝回収率60% 複勝回収率81%

 

このように牝馬は疲れると、

さらに勝ち切れないことが多いようですね。

 

上記の条件に合致した1番人気の

単勝オッズが1.0~2.9倍だったら、

この1番人気を外した単勝馬券を工夫して買えば、

いい感じでプラスに持って行ける可能性を感じます。

 

馬もやっぱり疲れますから、

その目線でもう少しブラッシュアップすれば、

飛ぶ1番人気を探せる馬券術として使えそうですね。

 

ぜひ研究してみてください。

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。