『前走4着以下はナメられるので儲かりやすいと知っていますか?』田中洋平

 

馬券は他の競馬ファンが気付いていないポイントを

見つけたら儲かるという仕組みで、

他人と同じ場所を探している内は儲からない。

 

ですよね?

 

魚釣りに似ているのかもしれません。

 

魚がよく釣れる自分だけのポイントがあっても、

そこが大勢の人に知られたら、あまり釣れなくなる・・・

みたいな感じです。

 

で、多くの人が予想の参考にするのが、前走の着順です。

 

だから前走の着順で儲かる馬券術を作るのは、けっこう難しいです。

 

でも同じ要素の前走着差は、注目されにくいので、

今走の人気に反映されないことが多いです。

 

例えば『着差なし』ってありますよね。

 

1着馬と0.0秒差だった馬です。

 

ゴール前、横並びでハナ差。

 

という感じです。

 

ここでイメージしてください。

 

着差なしの2着や着差なしの3着って強そうですが、

着差なしの4着って、あまり強そうに感じない。

 

それだったら、0.2秒差の2着の方が強そうに感じませんか?

 

不思議なもので、そう感じる人が多いんですよね。

 

1)前走着差なしの2着

勝率22% 連対率39% 複勝率51%

単勝回収率72% 複勝回収率80%

 

2)前走着差なしの3着

勝率17% 連対率32% 複勝率45%

単勝回収率75% 複勝回収率81%

 

3)前走着差なしの4着以下

勝率18% 連対率26% 複勝率37%

単勝回収率118% 複勝回収率91%

 

このように前走4着以下は、ナメられるので配当妙味が発生します。

 

自分だけの超穴場釣りスポットを見つけたければ、

素人がすぐに釣りにきそうな場所はダメです。

 

波打ち際の狭い岩場を歩いて、

駐車場から死角になって見えない場所に行きましょう。

 

競馬に置き換えると、

競馬素人が知ることのできないファクターや、

 

まったく参考にしていないファクターを使うことですね。

知恵を絞って、色々と考えてみましょう。

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。