『サンデーR、キャロットF、シルクRの馬で回収率119%』田中洋平

 

あなたは競馬データベースソフト、

「TARGET frontier JV」を利用していますか?

 

最近、TARGETを使って馬券術を研究している競馬ファンが多いため、

有効な理論はすべて食い尽くされていると思った方が良いです。

 

これは本当に。

 

適当にいじっていたら、なんか儲かるパターンが見つかった!

などということは皆無でしょう。

 

世の中、そんなに甘くないですからね。

 

ではどうすればいいのか?

 

とりあえず簡単なのは、

他の競馬ファンの興味がない部分を掘ることです。

 

例えば、障害レースがまさにこれ。

 

興味がない競馬ファンが多いので、

データをきっちり調べると、けっこうプラスになったりします。

 

数年前に無料レポートにしてプレゼントにしたネタですが、

障害馬も西高東低で、やはり関西馬が強いです。

 

関東馬 勝率6%

 

関西馬 勝率11%

 

このように大きな差があるので、

関西馬が関東開催に遠征したタイミングを狙いましょう!

というネタで、以前はこれだけでプラス回収になっていました。

 

ネタバレで近年の回収率はイマイチですが、

障害戦なら少しのアイデアでプラスになる可能性大なのです。

 

もしここで障害戦はツマラナイから考えたくない!

と思ったなら、ハングリー精神が欠如しているので注意です。

 

すでに成功者ならそれでOKですが、

ジリ貧の人ほど、あれはやりたくないなどと、

贅沢をいう傾向ですからね。

 

プラスになりそうなことは、とりあえずトライしてみる!

 

これが弱者の成功法則です。

 

ということで、障害戦のレース風景を想像してみましょう。

 

最近、サンデーレーシングの馬が、

障害戦を走っているのを見かけませんか?

 

7月29日の小倉サマージャンプを制したソロルが、

最近なら印象的かと思います。

 

http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2017/064.html

 

サンデーレーシングと言えば、

もっとも勢いのあるノーザンファームが運営している一口馬主クラブで、

ブエナビスタ、オルフェーヴルなど、G1で活躍する馬をたくさん輩出。

 

さらにそのノーザンファームには、

キャロットファームとシルクレーシングという一口クラブがあります。

 

このクラブ馬たちは、まずは平地G1を目指してデビューしますが、

すべての馬が大活躍できるわけではなく、未勝利で終わる馬も出てきます。

 

そうなると年々増加する会員の不満が溜まるので、

なんとか稼げる方法はないか?と考えることが、自然だと思います。

 

そして障害戦に流れてくる。

 

とても簡単なアイデアですよね。

 

条件は、障害戦に出走している、

サンデーR、キャロットF、シルクRの馬、

を狙うというだけです。

 

勝率20% 連対率32% 複勝率41%

単勝回収率116% 複勝回収率105%

 

データは2014年~2017年9月末までで、

単勝、複勝ともに、回収率はプラスをマークしてます。

 

このように人が注目しないところに注目したり、

人がやりたがらないことをやったりすれば、

そこにブルーオーシャンが広がっている可能性が高いと

私は考えます。

 

なかなか良いアイデア、良いオリジナル馬券術に出会わない人は、

これまでの考え方を少し変えてみましょう。

 

押して開かないなら引いてみる、

というほど単純ではないかもしれませんが、

現状が行き詰まってるのであれば、

それは進んでいる道が違うのかもしれませんよ。

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。