『芝のレースで32秒台の上がりを使った馬は強いのか?』田中洋平

 

9月16日の阪神9レースの野路菊Sで、

前走の新馬戦で上がり32秒6をマークしたワグネリアンが、

見事に勝利しました。

 

来年のダービー馬候補と言われている馬です。

 

上がりのタイムが速いと言っても、

前半のペースが極端に遅いケースもあるし、

馬場が異常に高速馬場になっている場合もあります。

 

だから、速い上がり=能力が高いとは言えない、

これが一般的な感覚ではないでしょうか。

 

ということで、

芝のレースで32秒9より速いが上がりを使った馬を、

TARGETで調べてみました。

 

期間は2014年から2017年8月末までですが、

新潟の直線1000mは、

上がり32秒台がバンバン出るので対象外。

 

そうすると期間内に該当した馬が426頭。

 

意外と多い印象ですが、競馬場別の内訳は、

 

札幌 0

函館 0

福島 0

新潟 187

東京 61

中山 14

中京 8

京都 117

阪神 37

小倉 2

 

という結果になりました。

 

やはり軽い芝の新潟と京都が多いですね。

 

次にまあまあ軽い東京が多いのも順当ではないかと思います。

 

そして洋芝で重たいといわれている札幌と函館、

そして重めの福島競馬場は、

見事にゼロと分かりやすいデータですね。

 

ということは、中山、中京、阪神、小倉の4競馬場で、

32秒9より速いが上がりを使った馬は、

かなり優秀なのではないか?と考えることができます。

 

実際に上記4場でマークした馬の次走を見てみましょう。

 

期間中の対象は61頭で、すでに次のレースを走っている馬が56頭。

 

そして成績は↓

 

勝率23% 連対率34% 複勝率52%

単勝回収率246% 複勝回収率120%

 

非凡な存在であるため該当数は少ないですが、

かなり素晴らしい成績と回収率です。

 

速い上がりが出にくい中山、中京、阪神、小倉で、

速い上がりを使える馬は、普通に強いということですね。

 

では次は、新潟、東京、中山、中京、京都、阪神、小倉、

すべての馬の次走成績を見てみましょう。

 

芝で速い上がりを使って、

次走でダートを使っている馬が9頭含まれますが、

 

勝率16% 連対率28% 複勝率39%

単勝回収率94% 複勝回収率88%

 

このようにまずまずの成績と回収率になります。

 

このデータを見ると、

「速い上がり=能力が高いとは言えない」

ということは無さそうですね。

 

「速い上がり=能力はそれなりに高い」

 

こちらが正解になりそうです。

 

ではここから、次走でナメられる条件をプラスしましょう。

 

それは前走で速い上がりを使ったが、

勝ち馬から0.3秒以上離されて負けている馬。

 

です。

 

「え?この馬の前走、上がり32秒9?」

 

「はやっ!」

 

「ん?でも0.5秒差の6着か…」

 

「これは高速馬場で、全体的に速かっただけっぽいな」

 

「2走前は34秒台だし、こりゃまぐれか?」

 

という心理になる馬ですね。

 

ではまとめます。

 

前走上がり32秒9より速い脚を使っていて、

勝ち馬から0.3秒以上離されて負けている馬。

(前走の競馬場は問わないが、新潟千直は除く)

 

勝率11% 連対率18% 複勝率27%

単勝回収率113% 複勝回収率92%

 

このように、ナメられるとプラス回収になります。

 

これらの考え方は32秒台に限らず、

33秒台でもイケそうな気がするので、ぜひ調べてみてください。

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。