『VIPな外国人ジョッキーでひと儲けする方法とは?』田中洋平

 

毎年11月になると外国人ジョッキーが短期免許で来日します。

 

ヨーロッパは芝のレースがメインなので、

芝の発育が悪い冬場はオフシーズンとなる。

 

じゃあその期間を利用して、

賞金の高い日本でモリモリと稼ごうか!

というジョッキーが来日するわけですね。

 

過去3年の外国人ジョッキーの騎乗数を見てみると、

 

1~3月 2013回

4~6月 576回

7~9月 748回

10~12月 1454回

 

このように、やはり冬場に集中しています。

 

そんな外国人ジョッキーの通常成績はこちら↓

 

勝率10% 連対率19% 複勝率27%

単勝回収率84% 複勝回収率84%

 

さすがは外国人ジョッキーだけあって、

日本人ジョッキーより優秀な成績です。

 

もちろん騎乗する馬の質もあると思いますが、

この外国人ジョッキーをある条件で2分化すると、

 

◆タイプA

勝率12% 連対率21% 複勝率30%

単勝回収率97% 複勝回収率90%

 

◆タイプB

勝率9% 連対率18% 複勝率26

単勝回収率77% 複勝回収率80%

 

このようになります。

 

もったいぶらずに分け方の答えを書くと、

答えは午前中のレースかどうか?

 

厳密に言うと、タイプAは1~5レース、

タイプBは6~12レースという分け方をしています。

 

6レースがスタートするのは、だいたい12時半過ぎで、

VIPな外国人ジョッキーですから、早起きなんてしたくない。

 

賞金の低い午前中のレースなんて、騎乗してられない!

と思っているか真相は分かりませんが、

過去3年間の騎乗回数を見比べてみると、

 

◆タイプA(1~5レース)

1643回

◆タイプB(6~12レース)

3157回

 

明らかに午後からの騎乗数が多いですよね。

 

これを逆に考えると、

わざわざ午前中に騎乗するということは、

お世話になっている人に頼まれて断れないとか、

勝利確定の素質馬の騎乗依頼であるとか、

何かしらの理由があるのでしょう。

 

◆タイプA

勝率12% 連対率21% 複勝率30%

単勝回収率97% 複勝回収率90%

 

だから午後のレースより成績がアップして、

単勝の回収率も100%近い数字になっています。

 

ではここから少しブラッシュアップをしましょう。

 

それはムリ目な馬を除くこと。

 

単勝50倍以上の馬を除いて、

単勝1~49.9倍の馬だけを狙います。

 

勝率14% 連対率25% 複勝率36%

単勝回収率103% 複勝回収率86%

 

このように100%を超えましたが、

比較的マークが甘くなる10~49.9倍の馬だけに絞ると、

 

勝率6% 連対率10% 複勝率18%

単勝回収率118% 複勝回収率83%

 

成績は下がりますが、回収率が上がります。

 

または外国人ジョッキーの身元引受馬主になることが多い、

社台グループですが、そのクラブだけに限定すると、

 

勝率19% 連対率35% 複勝率43%

単勝回収率113% 複勝回収率94%

 

このように成績も回収率もアップします。

 

※社台系のクラブ

G1レーシング

グリーンファーム

社台レースホース

キャロットファーム

サンデーレーシング

シルクレーシング

 

午前中のレースに外国人ジョッキーが騎乗していたら、

ん?何かあるのか?と疑ってみると良さそうです。

 

そして騎乗する馬に何か光る要素があれば、

その馬は買いでしょうね。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。