『買い方を工夫することで勝ち組になるテクニック』田中洋平

 

勝ち組に入るには、

自分の勝ちパターンを見つけることがオススメです。

 

仮に自分の勝ちパターンを見つけたとします。

 

【芝の短距離戦馬券術 回収率130%】

 

素晴らしいですね。

 

でもこれに満足せず、

次の新しい勝ちパターンを見付けましょう。

 

「え?ひとつあれば十分じゃない?」

 

こう思いますか?

 

馬券術というのは、好調不調の波が必ずあります。

 

だから1つだけだと、

思わぬスランプに陥るときが出てくるのです。

 

あなたはその時、

平常心で勝ちパターンの馬券を買い続けることができますか?

 

ジリジリと負けが続くと、誰でも不安になると思います。

 

そこで勝ちパターンを3~5つ併用しましょう。

 

(1)芝の短距離戦馬券術 回収率130%

(2)重賞レース馬券術 回収率120%

(3)牝馬限定戦の馬券術 回収率115%

(4)距離短縮に特化した馬券術 回収率120%

(5)血統に注目した馬券術 回収率125%

 

このように複数の馬券術を準備しておけば、

リスクが分散されます。

 

1つの馬券術がスランプに陥っても、

他の4つでフォローできますからね。

 

これをポートフォリオと言い、

金融や株、投資の世界でも用いられる手法です。

 

特定の金融商品に偏った資産配分をすると、

予測外の大きな市場変動で、資産のほとんどを失ってしまう。

 

そのリスクを避けるために、考え出された手法です。

 

投資信託の商品に例えるなら、

 

(1)日本の債権

(2)海外の債権

(3)日本の株式

(4)海外の株式(先進国)

(5)海外の株式(新興国)

 

上記の5つの商品に分散投資します。

 

上に行くほどローリスクローリターンの商品で、

下に行けばハイリスクハイリターンの商品です。

 

これらを同時に抱えることで、リスクヘッジになります。

 

また債権や株式に分散させるという考えのほかに、

日本の景気が悪くても、先進国の景気が良い、

先進国の景気が悪くても、新興国の景気が良いなど、

世界全体が不景気になることは滅多にないので、

景気のリスクを分散させるという狙いもあります。

 

これが「ポートフォリオ」と言われるものです。

 

これを馬券術にも応用しましょう。

 

そのためには、1つの勝ちパターンではなく、

複数の勝ちパターン(馬券術)を考える必要があるということ。

 

「ポートフォリオ」を手に入れれば、

リスクを小さくなるので、安定するはずです。

 

そして競馬で勝ちたいという目標に、

一歩前進するわけですね。

 

目標と手段を明確にして、

しっかりと歩みを進めていくことが、

勝ち組に入る秘訣です。

 

何となく毎日を過ごすのではなく、

目標を認識して、それに向かって突き進みましょう。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。