『競馬を楽しむために背景にも注目してみよう』田中洋平

 

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズは、

オルフェーヴルの子供、

ラッキーライラックが勝利しました。

 

初年度からG1勝ち馬を輩出するのはスゴイですが、

産駒の勝ち上がり率はそれほど高くないようですね。

 

これまで92頭が出走して、

1勝以上している馬は、わずか11頭だけです。

 

同じく初年度であるロードカナロア産駒は、

これまで102頭出走して、1勝以上している馬は36頭。

 

圧倒的な違いがありますね。

 

まだ判断するには早い段階ですが、

オルフェーヴル産駒は一発狙いの可能性が高い、

という気もしてきます。

 

オルフェーヴル本人の気性を考えると、

なおさらそう感じてしまいます。

 

とりあえずその辺は2~3年後に分かるとして、

最近私が気になるのは、G1レーシングです。

 

阪神ジュベナイルフィリーズは、

社台系の一口馬主クラブ馬が、

サンデーレーシング4頭、

社台レースホース1頭、G1レーシングが1頭でした。

 

反対にノーザン系のキャロットファームや、

シルクレーシングは0頭。

 

そして2017年のマイルチャンピオンシップは、

G1レーシングのペルシアンナイトが1着、

サングレーザーが3着と、ここ最近で急激に伸びてきた印象です。

 

社台グループをザックリと説明すると、

吉田善哉氏が社台ファームを創業して、

その後、3兄弟に分割されます。

 

◆長男、照哉氏

社台ファーム

社台レースホース
グリーンファーム

 

◆次男、勝己氏

ノーザンファーム

サンデーレーシング
キャロットファーム
シルクレーシング

 

◆三男、晴哉氏

追分ファーム

G1レーシング

 

あと社台コーポレーション白老ファームもありますが、

これは3人の共同経営と言われています。

 

社台系クラブについては、

競馬最強の法則(KKベスト)から出ている、

下記の書籍を参考にしてください。

 

「社台系クラブの内幕を知れば、こんな馬券が獲れる!」

 

前作の社台王朝の異変に気づけば、大儲けができる!

を先に読むと、なお分かりやすいです。

 

3兄弟の内情が分かるので面白い、

かなりオススメの書籍です。

 

で、追分ファーム系の一口馬主クラブ、

G1レーシングは2011年に開業。

 

社台系クラブは、社台ファーム生産馬ばかり、

ノーザン系クラブは、ノーザンファーム生産馬ばかり、

と上の2人は独自路線を突き進んでいますが、

G1レーシングは、社台ファーム、ノーザンファーム、

追分ファーム、白老ファームと、

すべての牧場から馬が供給されています。

 

これは後発のG1レーシングを盛り上げるために、

照哉氏と勝己氏が協力しているからだそうですが、

調べてみると、供給される馬に差があるようです。

 

 

これは2016年~2017年12月までのデータ。

 

G1レーシングの成績自体が、

 

勝率12% 連対率21% 複勝率30%

単勝回収率116% 複勝回収率85%

 

とプラスなので、どの供給源でもプラス回収になります。

 

しかし注目してほしいのは、

社台ファームから供給された馬の成績が落ちる部分です。

 

詳しく調べてみると、

 

◆社台ファーム生産馬

グラッブユアコート

 

◆ノーザンファーム生産馬

レジェンドセラー
シルバーステート
コーディエライト 

 

◆追分ファーム生産馬

サングレーザー
ペルシアンナイト 

 

◆白老ファーム生産馬

ジュールポレール
ソルヴェイグ
アルバートドック 

 

社台ファームは、

代表される馬の知名度が低いですよね。

 

グラッブユアコートは、

いつも勝ち負けしている馬なのでよく名前を聞きますが、

先月1000万条件を勝ち上がったばかり。

 

大躍進中のG1レーシングですが、

社台ファームから供給された馬は、

少し評価を落としても良いのかもしれません。

 

このように馬の能力だけでなく、

その背景を読み解くと競馬はもっと楽しくなります。

 

ぜひ参考にしてください。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。