『騎手と馬の相性がとても大切なケースとは?』田中洋平

 

『馬券術作りの基礎から見直そう』という記事で、

馬券術はアイデアからスタートする!という話をしました。

 

今回はその応用編です。

 

軽くおさらいすると、

アイデアはレースを観ていてハッと気付いたり、

競馬雑誌や書籍を読んで、

他人の考えに触れたときに思い付きます。

 

例えば、障害レースをボーッと見てるときに、

障害レースって飛ぶから、

瞬発力のあるディープ産駒は有利なんじゃないか?

 

それか、根性のあるステイゴールド産駒の方が、

気合いで飛越しそうだな。

 

さすがに筋肉ムキムキのダイワメジャー産駒は、

障害レースはキツイか?

というような思い付きです。

 

あとはこれをTARGETで調べてみる、

という流れでしたね。

 

結果は↓

 

障害レースの場合は、

ステイゴールド 〇

ディープインパクト △

ダイワメジャー ×

となります。

 

2015~2017年の期間だと、

勝率18% 連対率30% 複勝率41%

単勝回収率161% 複勝回収率142%

 

障害戦でのステイゴールド産駒の成績は

このようになります。

 

いい感じですね。

 

ではここから、

馬券術作りに大切なもうひとつの要素、

絞込みを勉強していきましょう。

 

先ほどの障害戦×ステゴ産駒を、

絞込みを使って、

もっと回収率アップさせようと試してみます。

 

TARGETで前走の着順別成績を見てみると、

前走3~4着の回収率が落ち込んでいることが

分かりました。

 

そこで前走3~4着を除いて、

前走1~2着&5~18着の馬だけを

抜き出してみましょう。

 

勝率18% 連対率28% 複勝率37%

単勝回収率179% 複勝回収率150%

 

やりました!

 

回収率がアップしましたね。

 

ですが!

 

この絞込みは大間違いです。

 

それも馬券術作成で一番多い間違いです。

本当に多くの人が間違うので、

自分のことと思って聞いてくださいね。

 

まず3~4着を除いた正当な理由が見当たりません。

 

障害戦で前走3~4着だった馬が、

今走で何か不利を受ける理由もないですよね。

 

理由は回収率が悪いというだけです。

 

これは回収率の良いとこを抜き出していく最悪な手法で、

とにかく回収率がアップすればOKというもの。

 

かなり再現性に乏しいので、

私のクライアントは、この手法を絶対禁止にしています。

 

では次は騎手の乗り替わりを見てみましょう。

 

・乗り替わり

勝率7% 連対率14% 複勝率18%

単勝回収率23% 複勝回収率139%

 

・同騎手

勝率24% 連対率39% 複勝率54%

単勝回収率236% 複勝回収率144%

 

このような結果となりました。

 

障害戦というのは、

人馬一体で障害物を飛越するレースなので、

コンビの相性がとても大切です。

 

だから前走から乗り替わった場合より、

前走と同じ騎手の方が、

成績と回収率が良くなるのは必然ですよね。

 

あなたは、

「障害戦は前走3~4着の回収率が悪いからダメだ!」

というAさんからの助言と、

「障害戦は人馬一体だから乗り替わりはダメだ!」

というBさんからの助言、

どちらに信憑性を感じるでしょうか?

 

当然、Bさんからの助言ではないかと思います。

 

そこには納得のいく理由があるからですよね。

 

人間は納得できないと信用できない生き物なのです。

 

もうお分かりだと思いますが、

絞込みにはこの「納得のいく理由」が必要です。

 

回収率の良いとこ取りは、

再現しない劣悪馬券術を作ってしまいます。

 

絶対にダメなので、注意してくださいね。

 

おもしろいアイデアと、

理由のある正しい絞込み、

この2つが揃えば、素晴らしい馬券術になります。

 

正しい馬券術研究をやっていきましょう。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。