『コンピ指数を攻略して予想に活用する方法』田中洋平

 

今回はコンピ指数と

お得なゾーンについて考えてみましょう。

 

パソコンを使わずに、

競馬新聞のみで予想をしている場合、

馬券のお得なゾーンとかは、あまり考えないと思います。

 

とりあえず、

目前のレースを当てるために予想をしている

ということの繰り返しだからですね。

 

ルーレットに例えると、

次のゲームで「どの目がでるのか?」にばかり夢中で、

カジノやディーラーの傾向は考えていないということです。

 

何にでも必ず傾向というものがあるので、

それを利用しない手はないと私は思います。

 

他人よりも優位に立ちましょう。

 

そこで今日はテクニカル6を使います。

 

テクニカルの詳細はこちら

 

まずは通常のパターン別の成績をご覧ください。

 

 

まずまず普通の成績と回収率かと思います。

 

とくに特徴はないですよね。

 

では次にコンピ1~3位のパターン別の成績です。

 

 

いかがですか?

 

パターン6の成績と回収率が素晴らしいですよね。

 

コンピ1~3位を使った馬券術を作るなら、

このゾーンで作ったほうがプラス回収になりやすい。

 

誰でも理解できる理屈だと思います。

 

では次にコンピ4~9位のパターン別の成績を見てみましょう。

 

 

今度はパターン1の成績と回収率が良くなります。

 

そして反対にパターン6は、

成績、回収率ともにボロボロになっています。

 

もうお分かりだと思いますが、

コンピ4~9位を使った馬券術を作るときは、

パターン1のゾーンがかなりお得で、

パターン6のゾーンで作ったらヒドイことになりますよね。

 

つまり自分がどのゾーンで勝負できるのか?

 

これを把握して自覚しておき、

自分が優位に立てる場所でだけ勝負をする。

 

これを徹底すれば、

勝率が確実にアップするはずです。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」

 

まさにこの通りです。

 

参加するレースを選ぶ必要があることが、

ご理解いただけたでしょうか?

 

もちろん遊びや趣味の域であれば、

好きなレースに好きなだけ参加してOKです。

 

でも勝つことは諦めましょう。

 

馬券を買っている人は、

 

1)超まじめに研究している人

2)まあまあ勉強している人

3)完全に遊びで、趣味としてやっている人

 

大まかに分類すると、こんな感じだと思います。

 

しかし本当に勝てるのは1番で、その中でも一部の人間だけ。

 

これが現実なのです。

 

2番や3番の人はお呼びでないわけで、

ラッキー待ちしか手段はありません。

 

受験勉強と同じですね。

 

 

勝ちたいなら真剣に向き合いましょう。

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。