『内回り合流点イン強襲コースを通った馬は強いのか?』田中洋平

 

ダービーが終わり、

2歳馬が続々デビューする時期になりました。

 

近年は社台、ノーザン系の有力馬も、

早い段階でデビューさせることも多くなったので、

新馬戦から目が離せませんよね。

 

そこで今回は異次元の力で毎日杯を制した、

ブラストワンピースの走りに注目しましょう。

 

ダービーこそ能力を出し切れずに5着に敗れましたが、

この馬のコース取りを参考に、馬券に活かしてみたいと思います。

 

阪神芝1800m外回りで施行される毎日杯で、

4コーナー内回りとの合流点で内ラチに接触しましたが、

そんなことはお構いなしで突き抜けました。

 

↑接触の瞬間

 

前走のゆりかもめ賞でも、

どけ!と言わんばかりに馬群をこじ開ける、

というかふっ飛ばして出てくる荒業を使っていますし、

メンタルが強烈に強い馬なのでしょうね。

 

レースを観ていて、

本当にスゴイな~と感心しました。

 

そんなブラストワンピースが通ったコースは、

競馬ファンなら誰でも知っていると思います。

 

外回りコースは内回りとの合流点で、

インに馬1頭分が通れるスペースが生まれるというやつです。

 

少し古い話になりますが、

風のシルフィードという漫画の中で、

河内洋騎手をモデルにしたキャラクターが

得意としていた必殺のコース取りだったと記憶しています。

 

↑ここですね

 

このインが開く恩恵を最大限に受けるのが、

逃げ馬の真後ろにいるポジションの馬で、

 

・内ラチの最短コースを通れる

・逃げ馬を壁にして脚を溜めれる

・直線入り口で逃げ馬を目標に仕掛けられる

・直線は内ラチを頼りに走れる

 

などなど、いいことばかりです。

 

だからこの「内回り合流点イン強襲コース」を通った馬は、

運が味方したので、能力以上の力を発揮できたのではないか?

 

このコース取りで上位入線した馬は、

あまり強くないのではないか?という仮説を立てました。

 

そこでザックリではありますが、

 

・京都と阪神の芝外回りコース

・4コーナー3~5番手

・1~5着だった馬

 

この3つの条件の次走成績を調べてみました。

 

勝率17% 連対率30% 複勝率42%

単勝回収値104% 複勝回収値82%

 

あれ?

 

仮説と反対に、いい感じの成績になりましたね。

 

この結果から考えられることは、

インに生まれた狭いスペースから出てこれる馬は、

メンタルが強いので、基本強い。

 

というのも、

今回のブラストワンピースのように、

内ラチに接触するリスクもあるわけですしね。

 

次に考えられるのが、

4コーナー3~5番手という条件で、

これは逃げ馬の真後ろのポジションではなく、

外を回っている馬も紛れています。

 

だから距離ロスのある外めを

グイグイと上がれる馬は強いので、

次走でも好成績を収められるのかもしれません。

 

このように仮説とは逆に行ってしまったので、

プラス回収でもこのパターンは、もっと検証が必要だと思います。

 

今回のようにレースからの発見に仮説を立てて、

それをTARGETで調べることを繰り返せば、

面白い馬券術が生まれるでしょう。

 

ぜひ取り組んでみてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。