『前走上がり3ハロン1位の馬を狙うならこの場面』田中洋平

 

今回は馬の異端性について書きたいと思います。

 

異端性?

 

というのは、

レースに出走しているメンバーの中で、

他馬とは違う状態であることを指します。

 

例えば前走のメンバー中、

上がり3ハロンのタイム1位だった馬が、

今回の中で1頭だけの状態。

 

他には前走で逃げていた馬が、

今回のメンバーの中で1頭だけというのも異端と言えます。

 

1)前走逃げていた馬が1頭だけのレース

2)前走逃げていた馬が5頭いるレース

 

どちらが有利か?は簡単ですよね。

 

ライバルがいないと楽に逃げられるので、

異端であるほど有利なのは、分かりやすいかと思います。

 

つまりレースの中の異端馬を探せば、

馬券の的中に近づく可能性大なのです。

 

先ほどの前走上がり3ハロン1位の馬が、

今回のレースに何頭いるのか?

 

これについて考えてみましょう。

 

1頭

2頭

3頭
 ・
 ・
 ・
7頭以上

 

レースによってメンバー構成は様々ですよね。

 

異端性が有効であれば、

前走上がり3ハロン1位の馬が1頭だけの場合、

この馬は勝利しやすいということになります。

 

反対に前走上がり3ハロン1位の馬が7頭もいれば、

みんな末脚自慢なので、

1頭単位の勝てる確率が低くなると言えるでしょう。

 

では結論のデータをご覧ください↓

 

ズバリ!

 

1頭だけなら14%の勝率で、

7頭以上いれば、1頭単位の勝率は9%まで下落。

 

回収率はまた別の話で成績面だけを考えれば、

前走上がり3ハロン1位の馬の狙い目は、

今回のレースでただ1頭だけ、異端である場合ということになります。

 

だから1日のレースをザーッと見渡して、

前走上がり3ハロン1位馬が1頭だけのレースを探す。

 

ただそのまま買っても儲からないので、

その馬が信頼できるか?否か?を別のファクターで精査する。

 

GOサインが出たらそのレースで勝負する!

というレースの選択方法もありかと思います。

 

これは前走上がり3ハロンに限らず、

 

・前走逃げていた馬

・前走2着の馬

・G1を勝利している馬

・今回距離短縮の馬

 

などなど、ほかにもあると思います。

 

異端になればなるほど成績がアップするので、

ぜひ探ってみてください。

 

さすがに1頭だけ牝馬だ!とか、

全部5歳馬なのに1頭だけ7歳馬だ!のような、

意味のない異端性は厳しいと思うので注意ですよ。

 

意味のあるファクターにしましょう。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。