『見切り千両から考える競馬予想とは?』田中洋平

 

今日は「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」で有名な

上杉鷹山(うえすぎ ようざん)の名言を借りて、

競馬で勝つための作戦を考えてみましょう。

 

この名言はご存知ですか?

 

働き一両、考え五両、知恵借り十両、コツ借り五十両、

ひらめき百両、人知り三百両、歴史に学ぶ五百両、見切り千両、無欲万両

 

最後から2つ目の「見切り千両」というのは、

なんとなく聞いたことがあるという人が多いと思います。

 

では解説していきますね。

 

・働き一両

指示されて働く人は一両の価値

 

・考え五両

自分で考えて働く人は五両の価値

 

・知恵借り十両

書籍で勉強(他人の知恵を取得)して働く人は十両の価値

 

・コツ借り五十両

その道のプロにコツを教わって働く人は五十両の価値

 

・ひらめき百両

知識を十分に取得してヒラメキを生み出す人は百両の価値

 

・人知り三百両

良い人に巡り合いその人脈を活かした仕事をすれば三百両の価値

 

・歴史に学ぶ五百両

過去の歴史をしっかり学んで仕事をすれば五百両の価値

 

・見切り千両

赤字事業から勇気の撤退ができる人間は千両の価値

 

・無欲万両

利益優先ではなく人のために仕事をすれば万両の価値

 

私なりの解釈ですが、だいたいこんな感じかと思います。

 

現代の働き方やビジネスに丸々当てはまるので、

昔の偉人は本当にスゴイと感心しますね。

 

ではこれを競馬ファンに置き換えてみましょう。

 

・働き一両

他人の予想に丸乗りする人

 

・考え五両

自分で考えて予想する人

 

・知恵借り十両

書籍で勉強(他人の知恵を取得)して予想する人

 

・コツ借り五十両

その道のプロにコツを教わって予想する人

 

・ひらめき百両

知識を十分に取得して馬券術のヒラメキを生み出す人

 

・人知り三百両

人脈を活かして精度の高い情報で予想する人

 

・歴史に学ぶ五百両

過去のデータをしっかり精査して予想する人

 

・見切り千両

ひとつの馬券術に固執せずダメなら一時撤退できる人

 

・無欲万両

感情的にならずに投資できる人

 

こんな感じでしょうかね。

 

人知り三百両や無欲万両は解釈が難しいですが、

競馬についても、そこそこ当てはまっている気がします。

 

さすがは上杉鷹山先生です。

 

さて、これをお読みのあなたは、

このページを読んでいること自体が、

情報収集を欠かさないという証明なので、

知恵借り十両レベル以上の人間だと思います。

 

そのまま競馬の勉強をしっかりやって、

時にはプロに競馬予想のコツを教われば、

ある日突然、素晴らしいヒラメキに出会うはずです。

 

それがあなたのオリジナル馬券術ということです。

 

あとはそれを歴史に学ぶ五百両でデータ精査して、

無欲万両で感情的にならずに投資していく。

 

もし投資が予定通りに行かない場合は、

見切り千両で欲を捨てて一時撤退をしましょう。

 

ギャンブル、投資、ビジネスなどすべてに共通しますが、

人間は失ったお金に引きずられて、

せめてトントンに戻したいな~という心理が働くものです。

 

そして最終的には、もっと損をする人が多い。

 

あの時ヤメていれば・・・というあるあるですね。

 

だから見切り千両で一時撤退をして、

知恵借り十両に戻って勉強をやり直しましょう。

 

「おれは才能がないダメな人間だ!」

 

中には、こう考えてしまう人もいますが、

ユニクロ創業者の柳井さんは「一勝九敗」という本の中で、

外からは一戦一勝のように見えるが、

実態は一勝九敗ぐらいだと言っています。

 

つまり一発目で正解を見つけるのは難しいので、

トライ&エラーを何度も繰り返して

正解を見つけることが普通だ!ということですね。

 

あまりクヨクヨ考えず、

正解探しのために、どんどん行動していきましょう。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。