『モズカッチャンはこっそり斜行で札幌記念3着』田中洋平

 

2018年の札幌記念は、

テクニカル6のコラムでモズカッチャンを推奨していたので、

レース中はその動きにずっと注目していました。

 

「コンピ革命家 田中洋平のテクニカル6」

 

本来モズカッチャンは4~6番手あたりの好位で競馬をするタイプですが、

札幌記念は8枠15番と外からのスタート。

 

 

スタートの出もあまり良くなかったので、

デムーロ騎手は内に入れて、最後方から競馬を選択しました。

 

そして4コーナーではこの状態↓

 

 

ここでも外を回さず、デムーロ騎手はイン寄りのコースを選択。

 

ただ前がズラーッと並んで壁になっていて、ドン詰まりの臭いがプンプンです。

 

しかし直線に入って馬群がバラけてくると、

 

 

キターッ!

 

なんか行けそうなスキ間を発見!

 

デムーロ騎手も完全にそのスキ間を見ていますね。

 

でも隣にミッキースワロー(オレンジ帽)がいるので、

スキ間に行くのはちょっと厳しいかな?

 

 

と思ったら、デムーロ先生は行く気マンマンのようです。

 

手綱を引いて、狙っていますね。

 

 

はい、行きましたー!

 

ミッキースワロー(オレンジ帽)の前に、ガッチリ割り込んでいます。

 

 

前をカットされたので、横山典弘騎手の腰が完全に伸びていますね。

 

これは武豊騎手などベテラン騎手に多いのですが、

レース中に大きな不利があったら、あとは無理をしないで流すという騎乗。

 

競馬は危険な競技なのは分かりますが、

馬券を持っている人からすると、

もっと最後まで追って欲しいという意見も根強くありますよね。

 

 

で、ここまで来ると、ミッキースワローは完全に競馬終了。

 

そしてゴール前は、馬群の狭いところを抜け出したサングレーザーと、

外から伸びたマカヒキ、

そしてこっそり斜行で出てきたモズカッチャンが横並びになる、

見応えのあるレースになりました。

 

 

JRAのホームページを見てみると、

とくに制裁はないようなので、この騎乗はアリなのでしょう。

 

でも横山典弘騎手&ミッキースワロー陣営からすると、

遺恨は残るでしょうね。

 

強引さと大胆さは紙一重なので、なんとも難しいところです。

 

そしてミッキースワローは13着に敗れましたが、

ほぼ競馬をしていないので、次走が狙い目になりそう。

 

あと札幌記念が終わってから調べて気づいたのですが、

モズカッチャンがこれまで外枠に入ったのは1度だけ。

 

それは未勝利戦で、逃げ馬がグングン飛ばして隊列がバラバラになり、

楽に6番手辺りの好位に取り付いています。

 

もしかするとモズカッチャンにとって、

外枠スタートは苦手な要素なのかもしれませんね。

 

ミッキースワローが次走で人気を落としたら買い、

モズカッチャンが外枠で人気していたら疑う。

 

やはりレースを観ることは大事です。

 

馬券術のアイデアもこのような気付きから出てくるので、

可能な限りレースを観るようにしましょう。

 

札幌記念のレース映像はこちらかご覧ください。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。