『あの重賞男のシーズン到来!2018年秋も要注意!』田中洋平

 

9月に入って菊花賞&秋華賞のトライアルが行われ、

いよいよ秋のG1が迫ってきましたね。

 

そしてG1が迫ってきたということは、

この男のシーズンが到来したということ。

 

それは、重賞男ミルコ・デムーロ騎手です。

 

巷ではやる気の有る無しがアカラサマとも言われていて、

賞金の高いレースでの活躍が目立ちます。

 

2017年~2018年8月末までのデータで、

 

勝率25% 連対率36% 複勝率49%

単勝回収率126% 複勝回収率96%

 

重賞だけに限定すると、

ベタ買いで単勝回収率が100%を超えます。

 

そして勝率25%ということは、

JRAの重賞で4回に1回はデムーロ騎手が勝っているという計算。

 

重賞で馬に乗れる乗れないがありますが、

騎手が100人ほどいる中で、4回に1回も勝利しているのは、

かなりスゴイことですよね。

 

ただ2018年シーズンは、

アーモンドアイ+ルメール騎手がかなり目立っているので、

今年のデムーロ騎手はショボくないか?

と思っている人も多いでしょう。

 

では先ほどの重賞成績を年単位に分解してみますね。

 

・2017年

勝率28% 連対率38% 複勝率52%

単勝回収率140% 複勝回収率100%

 

・2018年

勝率21% 連対率33% 複勝率44%

単勝回収率106% 複勝回収率90%

 

いかがですか?

 

確かに2017年シーズンより成績は落ちますが、

回収率は相変わらず100%超え。

 

2017年は重賞18勝でしたが、

2018年は8月末時点で、重賞9勝と約半分です。

 

やや昨年より落ちるかな、という程度。

 

まだ9月~12月の秋のG1戦線で、

勝ち星を量産する可能性だってあります。

 

また勝利に貪欲なことで有名で、

重賞で1番人気に推された場合の成績もキョウレツ。

 

勝率40% 連対率50% 複勝率77%

単勝回収率111% 複勝回収率113%

 

きっちり仕事をやってのけます。

 

とりあえず逆らわない方が良い成績ですね。

 

あとはデムーロ騎手と言えば、

どんな勝負服を思い出しますか?

 

私がパッと思い浮かぶのは、

ドゥラメンテのサンデーレーシングに、

サトノアラジンのサトミホースカンパニーでしょうかね。

 

ということで、馬主別の成績を見てみると、

 

・サトミホースカンパニー

勝率36% 連対率55% 複勝率64%

単勝回収率178% 複勝回収率131%

 

・サンデーレーシング

勝率57% 連対率57% 複勝率71%

単勝回収率282% 複勝回収率120%

 

・G1レーシング

勝率30% 連対率40% 複勝率50%

単勝回収率130% 複勝回収率97%

 

トップ3がこのメンツ。

 

確かにG1レーシングは、

ペルシアンナイトなどがいましたね。

 

そしてこのトップ3馬主を合体させると、

 

勝率40% 連対率50% 複勝率61%

単勝回収率187% 複勝回収率116%

 

と、こちらもキョウレツな成績。

 

今回の重賞+デムーロ騎手を調べて分かったことは、

とにかく重賞ではデムーロ騎手を買い目に入れないとマズい。

 

とくに1番人気だと外せない。

 

さらにサトミホースカンパニー、

サンデーレーシング、G1レーシングといった、

おなじみの勝負服を着ているレースでは、

ほぼ馬券に絡んでくると考えておいた方が良い。

 

ということですね。

 

今年はルメール騎手に目が行きがちですが、

大レースでのデムーロ騎手には注意しておきましょう。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。