『1番人気が飛びそうなレースで逆張りをしてみる』田中洋平

競馬には「逆張り」という作戦があります。

 

人気を集めて飛びそうな1番人気を見つけて、

その逆、2~18番人気のすべての単勝を購入する。

 

1番人気以外の馬の単勝を全点購入するというやつです。

 

そして1番人気の馬さえ2着以下に負ければ、

あとはどの馬が勝ってもプラスになるように資金配分をする。

 

これが逆張りですね。

 

他にも2~9番人気くらいまでの単勝を、

購入するという作戦もあります。

 

1番人気が単勝1倍台の場合、

10番人気以下の出現率(勝率)は4%程度。

 

10~18番人気の9頭をまとめても4%しかないので、

2~9番人気の馬に集中するのもアリですね。

 

これだと8頭だけで済むので。

 

まーしかし、

普通に単勝1倍台の馬に逆張りを仕掛けても儲かりません。

 

JRAが控除している分があるので、

本当は単勝1倍台の実力がないのに、

他の要素で過剰に人気している馬を探せるか?

 

これがキモですね。

 

よくある1番人気が飛ぶパターンは、

新馬戦での良血馬でしょう。

 

兄弟にG1馬がいたり、

お母さんがG1馬だと、必要以上に注目されます。

 

親の七光りがチラついたり、

血統にロマンを求めるファンがいるので、

実際の能力以上に人気してしまう傾向です。

 

しかしこれはパターン化することが難しいので、

私なりの逆張りパターンを紹介したいと思います。

 

まずは通常の単勝1倍台の成績↓

 

勝率49% 単勝回収率79%

 

このように2回に1回は勝利します。

 

ではここから普通以上に負けるパターンを見てみましょう。

 

1)前走ハンデ戦で今回斤量増

勝率33% 単勝回収率56%

前走軽いハンデで勝利、

または2~3着に善戦して人気になるパターン。

 

普通の斤量に戻って凡走する。

 

2)牝馬のダート昇級戦

勝率18% 単勝回収率24%

ダート戦は昇級の壁が厚い上に、

ダートの牝馬は一枚落ちる評価が普通。

 

押し出された1番人気であることが多く凡走。

 

3)6歳以上

勝率33% 単勝回収率49%

競走馬のピークは4~5歳。

 

6歳以上の馬が断然人気になるパターンは、

過去の栄光である場合が多く凡走する。

 

このように凡走する理由を説明できて、

勝率が悪く、単勝回収率が50%くらいだと、

逆張りで狙えそうです。

 

他にも凡走パターンはたくさんあると思うので、

TARGETで調べてみてください。

 

ただ注意してほしいことが、

まずはTARGETを開かないこと。

 

自分の中で1番人気が凡走しそうなパターンを、

10個くらい考えてノートに書き出す。

 

例えば「休み明けの牝馬」は飛びそうだな!

という感じですね。

 

あとはそのパターンが実際に凡走するのか?

をTARGETで調べる。

 

この流れが正解です。

 

というか、できる人間は必ずそうしている。

 

反対に失敗する人は、

まずTARGETを開いてポチポチしていますね。

 

このことをしっかり意識して、取り組んでみてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。