『ノーザンファームに信頼された川又賢治騎手の未来とは?』田中洋平

 

11月19日が誕生日の川又賢治騎手は、

誕生日ゾーンである11月17と18日で大暴れ!

 

勝率10% 連対率16% 複勝率21%

単勝回収率295% 複勝回収率115%

 

◆11月17日

福島1R 3着(5番人気)

福島3R 1着(10番人気)

福島10R 2着(8番人気)

 

◆11月18日

福島1R 1着(1番人気)

 

とくに17日の福島3レースは、

単勝5420円の大穴馬で勝利と素晴らしい活躍でした。

 

騎手2年目というのは慣れと斤量の恩恵があるので、

勝ち星を増やして大きく成長する時期です。

 

その中でも川又賢治騎手は、大躍進を遂げています。

 

そこで現在2年目の同期たちの勝ち星を比べてみました。

 

横山武史騎手 13→32勝(+19)

木幡育也騎手 6→15勝(+9)

武藤雅騎手 24→35勝(+11)

川又賢治騎手 9→35勝(+26)

富田暁騎手 17→26勝(+9)

 

※1年目の勝ち星→2年目の勝ち星

 

いかがですか?

 

横山武史騎手もいい感じですが、

川又賢治騎手騎手の伸び率がダントツですね。

 

雑誌『競馬の天才!』には、

サンデーレーシングの信頼を勝ち取ったことが、

現在の躍進に繋がっていると書いてありました。

 

ふむふむ、なるほど。

 

ということで、

今年のサンデーレーシング+川又騎手の成績を見てみましょう。

 

勝率19% 連対率26% 複勝率36%

単勝回収率427% 複勝回収率129%

 

なかなか成績との回収率ですね。

 

では続いて、ノーザン系の一口クラブです。

 

◆キャロットファーム+川又騎手

勝率7% 連対率10% 複勝率19%

単勝回収率355% 複勝回収率183%

 

◆シルクレーシング+川又騎手

勝率10% 連対率17% 複勝率17%

単勝回収率62% 複勝回収率51%

 

シルクの成績はイマイチですが、

これは供給される馬質ひとつでガラリと変わる可能性があります。

 

というのも、

 

サンデーR → 31回

キャロットF → 31回

シルクR → 30回

 

このようにシルクレーシングの騎乗機会は他の2クラブと同じくらい。

 

つまりサンデーレーシングというより、

ノーザンファーム全体からの信頼を川又騎手は勝ち取ったと言えそうです。

 

◆サンデー、キャロット、シルク+川又騎手

勝率12% 連対率17% 複勝率24%

単勝回収率284% 複勝回収率122%

 

これはかなり狙い目ですね。

 

続いてですが、

 

横山武史騎手 12回

木幡育也騎手 5回

武藤雅騎手 17回

川又賢治騎手 91回

富田暁騎手 30回

 

上記は2年目騎手がサンデー、キャロット、シルクの馬に、

2018年に何回乗ったか?というデータです。

 

11月19日時点ですが、川又騎手が圧倒的ですね。

 

ひとり勝ちしているノーザン系の馬に乗れれば、

自動的に勝ち星が増えるのは当たり前。

 

このまま順調に行けば、

松若風馬騎手や鮫島克駿騎手のように、

若手の中でも一歩抜けた存在になりそうですね。

 

そしてゆくゆくは丸山元気騎手や松山弘平騎手と、

コンスタントに年間50勝を超える騎手になってくれるはず。

 

あくまでもノーザンファームとの良好な関係が続けばですが、

将来は約束されたようなものです。

 

まだ競馬ファンのマークが甘いので、

ノーザン系馬+川又騎手のコンビで今のうちに稼ぎましょう。

 

ぜひ狙ってみてください。

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。