『G1で染め分け帽の馬が連対する確率は非常に高いです』田中洋平

2018年の菊花賞を、

キャリア3戦のフィエールマンが制したことは、記憶に新しいと思います。

 

その菊花賞を見ていて気になったのが、

「染め分け帽」ではないでしょうか?

 

染め分け帽とは?

 

 

 

同じ枠に同一馬主の馬が入った場合、

勝負服が同じなので、見分けが付きにくい。

 

だから帽子の半分を白にして区別しているものですね。

 

この染め分け帽ですが、

サイン馬券信者さんには、注目されるネタのようです。

 

「染め分け帽は買い!G1で染め分け帽の馬が連対する確率は非常に高いです」

 

みたいなのが、検索するとありました。

 

ということで、

答えは分かり切っていますが、私がきっちり検証してみましょう。

 

では検証の条件です。

 

G1に複数出走させることができるということで、

サンデーレーシング、キャロットファーム、

シルクレーシングのお馴染みノーザン系クラブで調べますね。

 

◆サンデーレーシング

・通常

勝率14% 連対率24% 複勝率33%

単勝回収率86% 複勝回収率80%

・染め分け帽

勝率11% 連対率15% 複勝率24%

単勝回収率66% 複勝回収率55%

 

◆キャロットファーム

・通常

勝率13% 連対率22% 複勝率31%

単勝回収率74% 複勝回収率77%

・染め分け帽

勝率9% 連対率19% 複勝率28%

単勝回収率53% 複勝回収率80%

 

◆シルクレーシング

・通常

勝率14% 連対率23% 複勝率32%

単勝回収率76% 複勝回収率72%

・染め分け帽

勝率17% 連対率21% 複勝率29%

単勝回収率89% 複勝回収率73%

 

いかがでしょう?

 

予定通り普通ですね。

 

シルクは染め分け帽の場合、

成績と回収率がアップしますが、サンデーとキャロットはともにダウン。

 

分かり切っていたことですが、

あまり成績には関係のないファクターだということです。

 

では3つのクラブをまとめてみましょう。

 

・通常

勝率13% 連対率23% 複勝率32%

単勝回収率79% 複勝回収率77%

・染め分け帽

勝率12% 連対率18% 複勝率27%

単勝回収率68% 複勝回収率69%

 

サイン系信者の票が入っているのか?回収率がかなり低くなっていますね。

 

では次にG1の成績を見てみます。

 

・通常

勝率7% 連対率17% 複勝率22%

単勝回収率52% 複勝回収率79%

・染め分け帽

勝率20% 連対率25% 複勝率30%

単勝回収率124% 複勝回収率59%

 

ほら!と言われそうですが、

ここ3年でG1で染め分け帽になった馬は20頭と少ない。

 

このデータだけでは、かなり厳しいですよね。

 

信じるか信じないかはあなた次第!

 

ですが、

実際はただ帽子の色が違うだけですからね。

 

好走する理由がないので、信じないことをオススメします。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。