『小柄な馬が得意な騎手と大型馬を得意としている騎手』田中洋平

2018年末から短期免許で来日している、

オイシン・マーフィー騎手。

 

欧州で若き天才と言われるだけあって、

日本でもまずまずの活躍をしていますね。

 

1月14日(月)の中山7レースでは、

9番人気のヴォイスオブジョイを2着に持ってくるなど、

上手い!という印象を持っている人も多いと思います。

 

そこで来日してから、1ヶ月間の成績を調べてみました。

(2018年12月15日~2018年1月14日まで)

 

◆総合

勝率16% 連対率28% 複勝率38%

単勝回収率75% 複勝回収率69%

 

◆芝

勝率18% 連対率28% 複勝率39%

単勝回収率70% 複勝回収率68%

 

◆ダート

勝率15% 連対率28% 複勝率38%

単勝回収率79% 複勝回収率70%

 

こうやって見ると、それほどスゴイわけではない成績ですね。

 

というのも、

来日してから昨日までで14勝しているのですが、

そのうち1~3番人気で13勝。

 

実は4番人気以下で勝利したのは、

日本での騎乗開始初日の12月15日、

中山10レース舞浜特別のサニーダンサー(6番人気)のみ。

 

つまり初勝利だけ人気薄の馬で、

あとはずっと1~3番人気だけでしか勝てていないのです。

 

◆1~3番人気に騎乗時

勝率25% 連対率39% 複勝率54%

単勝回収率92% 複勝回収率80%

 

1~3番人気の平均勝率は18%なので、

人気上位の馬なら信頼度アップはできそうですね。

 

反対に穴馬はあまり期待できなそう。

 

という感じでしょうか。

 

まーあまり良い馬が回ってこなくて、

苦戦しているブロンデル騎手よりマシですけどね。

 

◆4日間騎乗(19戦)

勝率0% 連対率0% 複勝率5%

単勝回収率0% 複勝回収率135%

 

これまで1~3番人気の馬に乗ったのは1度だけで、

その時は4着に敗れています。

 

初来日なので日本の競馬に慣れる段階なのでしょうけど、

この騎手も人気サイドの馬に乗れば、

そこそこ結果を残せそうな気はしますね。

 

それとこの記事を書いていて、

ブロンデル騎手が14日は騎乗していないことに気づきました。

 

12月23日のフランスのレースで、

フランスのJRAみたいな団体から騎乗停止処分を受けていたのですね。

 

期間は1月14日~21日までなので、今週末も乗れないようです。

 

ちなみにマーフィー騎手は1月28日まで。

 

ブロンデル騎手は2月25日まで。

 

そしてミナリク騎手は4月4日まで。

 

ミナリク、ながっ!

 

◆ミナリク騎手

勝率13% 連対率20% 複勝率23%

単勝回収率189% 複勝回収率77%

 

14日中山8レースで

10番人気のノーザンクリスを持ってきたのが効いてますね。

 

直線でゴシゴシと追うタイプの騎手なので、

大型馬を得意としています。

 

◆ミナリク騎手+馬体重480kg以上

勝率22% 連対率28% 複勝率33%

単勝回収率315% 複勝回収率103%

 

ズブい馬を動かすのが上手いのでしょう。

 

反対にマーフィー騎手は、

前目のポジションから、上手く流れに乗って行くタイプなので、

機動力のある馬は得意そうですね。

 

◆マーフィー騎手+馬体重440~479kg

勝率25% 連対率33% 複勝率38%

単勝回収率173% 複勝回収率97%

 

◆マーフィー騎手+馬体重480kg以上

勝率12% 連対率25% 複勝率38%

単勝回収率35% 複勝回収率58%

 

このように大きい馬が、

マーフィー騎手は苦手のようです。

 

そして日本人騎手の場合も、

このように小柄な馬が得意な騎手や、

大型馬を得意としている騎手がいると思います。

 

騎手というファクターを重視して馬券を買っている人は、

この部分に注目すると新たな発見があるかもしれませんね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。