『大活躍のロードカナロア産駒が儲かる条件はここ!』田中洋平

 

ここ数年は種牡馬の世代交代だと言われています。

 

とくにサンデーサイレンスの血が飽和しているのが深刻で、

優秀なサンデー系牝馬に交配できる、

キングカメハメハ(キングマンボ系)が重宝されていますよね。

 

そんな中、やはり一番の注目株はロードカナロアでしょう。

 

牝馬3冠+ジャパンカップを制したアーモンドアイの父親で、

繁殖牝馬の良い部分を引き出すタイプの種牡馬のようです。

 

ということで、

2017年にデビューした初年度産駒から、

2019年5月半ばまでのロードカナロア産駒の成績をみてみましょう。

 

勝率12% 連対率23% 複勝率32%

単勝回収率76% 複勝回収率76%

 

という感じ。

 

ではここから芝とダートに分けてみます。

 

◆芝

勝率14% 連対率25% 複勝率33%

単勝回収率74% 複勝回収率70%

 

◆ダート

勝率9% 連対率21% 複勝率30%

単勝回収率83% 複勝回収率91%

 

やっぱり芝の成績の方がバツグンに良いのですね。

 

現役時代はスピード王だったので、当然の結果です。

 

でも私が気になったのが、ダートの複勝率と複勝回収率。

 

思ったほど芝の複勝率と差がないですし、

複勝回収率91%というのは、かなり良い数字です。

 

ロードカナロアは繁殖牝馬の良い部分を引き出すタイプなので、

繁殖牝馬がダート向きであれば、

ダートでも活躍馬を出せるのではないか?

 

という仮説を考えたのですが、血統はそれほど詳しくないのでパス。

 

次に考えたのが、王道の距離です。

 

現役時代はスプリントG1を5勝している

短距離王なので、1000~1200mは熱いはず!

 

◆1000~1200m

勝率14% 連対率25% 複勝率35%

単勝回収率107% 複勝回収率98%

 

やはり良い成績になりましたね。

 

では続いて、芝ダート別に見てみましょう。

 

◆芝

勝率16% 連対率26% 複勝率35%

単勝回収率93% 複勝回収率80%

 

◆ダート

勝率10% 連対率24% 複勝率34%

単勝回収率127% 複勝回収率127%

 

ダートは人気の盲点になってそうですね。

 

ロードカナロアでしょ?

 

子供はダートも走れるの?

 

というイメージが大半だと思いますが、

ダートでもスプリント戦ではバツグンの性能を発揮するようです。

 

ダートの1000~1200mに出走している

ロードカナロア産駒を見つけたら、激走を期待しましょう。

 

3月30日と少し前のレースですが、

中山8レース、ダート1200mでレイデマーが逃げ切り勝ち。

 

単勝10番人気、単勝51.0倍の馬でした。

 

短距離なら芝もダートも両方いけるが、

世間のマークが甘い、ダートの方が断然おトクということですね。

 

今週末はぜひチェックしてみてください。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録