『アーモンドアイから海外遠征帰りのデータを検証』田中洋平

 

2019年の安田記念、

アーモンドアイの敗戦はビックリでしたね。

 

海外遠征帰りを心配されていましたが、

前走のドバイターフから丸々2か月。

 

本当に疲れが取れていなかったのか。

 

ということで、

2010年から約10年分の海外遠征帰りの成績を調べてみました。

 

◆G3

勝率9% 連対率30% 複勝率49%

単勝回収率26% 複勝回収率166%

 

◆G2

勝率17% 連対率28% 複勝率37%

単勝回収率99% 複勝回収率81%

 

◆G1

勝率7% 連対率18% 複勝率27%

単勝回収率11% 複勝回収率44%

 

G3は勝ち切れないまでも複勝率が高いので、

海外遠征できるレベルの馬なら、勝ち負けできる範囲でしょう。

 

次にG2ですが、

複勝率に対して勝率がハネすぎているので、

やや成績が偏っている感じもします。

 

単勝回収率99%は、鵜呑みにしない方が良さそう。

そして最後にG1ですが、

これは厳しい成績と回収率ですね。

 

海外遠征するレベルの馬でも、

疲れが影響して、G1ではベストを出せないのか。

 

◆2010年

ブエナビスタ

ドバイシーマクラシック2着

→ヴィクトリアマイル1着

 

◆2011年

トランセンド

ドバイワールドカップ2着

→南部杯1着

 

◆2013年

オルフェーヴル

凱旋門賞2着

→有馬記念1着

 

◆2014年

ジャスタウェイ

ドバイデューティフリー

→安田記念1着

 

過去10年で海外遠征帰りから

G1を勝利したのは、上記の4頭。

 

顔ぶれを見ると名馬ばかりですし、

やはり海外遠征帰りは大変なんですね。

 

ちなみに安田記念の上がり3ハロン最速タイムを見ると、

 

◆2009年

ファリダット 35秒3

 

◆2010年

ファリダット 34秒0

 

◆2011年

スマイルジャック 33秒7

 

◆2012年

スマイルジャック 33秒7

 

◆2013年

ショウナンマイティ 32秒8

 

◆2014年

ジャスタウェイ 37秒1

 

◆2015年

ヴァンセンヌ 33秒7

 

◆2016年

フィエロ 33秒5

 

◆2017年

サトノアラジン 33秒5

 

◆2018年

モズアスコット 33秒3

サトノアレス 33秒3

 

◆2019年

アーモンドアイ 32秒4

 

今年のアーモンドアイが最速をマークしているが分かります。

 

前半のペースや馬場状態もあるので、

上がりタイムの横の比較で一概には言えませんが、

それでもアーモンドアイは優秀だと思います。

 

今年の安田記念は、

それ以上にインディチャンプが、ハマったという感じでしょうかね。

 

最後に海外遠征帰りの面白いデータを見つけたので、

シェアしておきます。

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 4- 4- 4- 1/13 30.8% 61.5% 92.3% 49 112
2番人気 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 24
3番人気 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 80
4番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
5番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
6番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
7番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
8番人気 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 88
9番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
11番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
12番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
14番人気 0- 0- 0- 0/ 0          
15番人気 0- 0- 0- 0/ 0          
16番人気 0- 0- 0- 0/ 0          
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0- 0- 0- 0/ 0          
19番以下 0- 0- 0- 0/ 0          

集計期間:2010. 2.21 ~ 2019. 6. 2

 

前走海外で、今回G1レースに出走した馬の成績です。

 

実は1番人気に推された馬の複勝率は鉄板レベル。

 

かなり信用できるのです。

 

ちなみに4着以下に敗れたのは、

2015年の高松宮記念、

ストレイトガール(単勝5.1倍)が13着だった時だけ。

 

単勝1~3.9倍くらいであれば、100%馬券圏内ということになります。

 

そして2~18番人気以下の成績ですが、

 

勝率0% 連対率5% 複勝率7%

単勝回収率0% 複勝回収率23%

 

このように壊滅的。

 

香港 → 大阪杯

ドバイ → 安田記念、宝塚記念

凱旋門賞 → JC、有馬記念

 

というローテーションで海外遠征組がG1に参戦すると思いますが、

1番人気以外は大きく評価を下げてOK。

 

それでも気になる存在なら2~3番人気までが範囲で、

4番人気以下に甘んじるような馬は、なかなか厳しいでしょう。

 

来たら事故と考えて、バッサリ行っても良いかと思います。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。