『2歳重賞の攻略ポイントを公開』田中洋平

 

2歳重賞というのはキャリアの少ない1戦1勝馬が多く、

予想が難しい印象ではないでしょうか?

 

新潟2歳G3

函館2歳G3

小倉2歳G3

ファンタG3

京王杯2G2

東京スポG3

札幌2歳G3

デイリーG2

ラジオNIG3

アルテミG3

ホープフG2

京都2歳G3

 

2歳限定のG2、G3はこれだけあります。

 

で、近5年分のデータを調べてみると、

 

https://compi-a.com/swfu/d/auto-u8YdXC.05.29.png

 

このように1番人気の成績がメチャクチャ悪いのです。

 

これはデビュー戦を圧勝した馬が、

前評判だけで異常に人気を集めてしまい、

過剰人気になっているのが原因だと思います。

 

有名どころを挙げてみると、

 

●ジャスタウェイ

新馬戦圧勝(0.8秒差) ⇒ 新潟2歳Sを1番人気2着

●モーリス

新馬戦圧勝(0.5秒差) ⇒ 京王杯2歳Sを1番人気6着

●サトノアラジン

新馬戦圧勝(0.6秒差) ⇒ 東京スポーツ杯2歳Sを1番人気5着

●レッツゴードンキ

新馬戦圧勝(0.5秒差) ⇒ 札幌2歳Sを1番人気3着

 

という感じですね。

 

まだキャリアが浅い時期なので、

無理をしない馬もいると思いますが、これらの有名な馬でも負けています。

 

で、過剰に人気を被る1番人気の代わりに、

2~5番人気あたりに妙味が生まれています。

 

そこだけを抜き出してみると、

 

勝率16% 連対率25% 複勝率34%

単勝回収率108% 複勝回収率81%

 

このように単勝回収率が100%を超えます。

 

で、ここから

 

「きっと関西馬だけを狙えば、もっと伸びるだろうな!」

 

と思って所属別に見てみると、

 

●関東馬(59頭)

勝率17% 連対率32% 複勝率36%

単勝回収率153% 複勝回収率93%

 

●関西馬(135頭)

勝率16% 連対率22% 複勝率33%

単勝回収率90% 複勝回収率73%

 

●地方所属(2頭)

勝率0% 連対率50% 複勝率50%

単勝回収率0% 複勝回収率220%

 

このように頭数は少ないですが、意外に関東馬が善戦。

 

データの少ない2歳重賞は、

過剰人気を避けて、2~5番人気の関東馬を狙って行きましょう。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。