『強い!強い!今年もノーザンファームの一人勝ちか!?』田中洋平

今回は2019年の2歳新馬戦について。

6月から7月末までで新馬戦は65回行われていて、

当然65頭が勝ち上がっています。

 

もう恒例ですが、社台グループの成績を見てみましょう。

◆社台ファーム(長男 照哉氏)

社台レースホース、グリーンファーム

勝率8% 連対率18% 複勝率31%

単勝回収率61% 複勝回収率142%

◆ノーザンファーム(次男 勝巳氏)

サンデーR、キャロットF、シルクR

勝率24% 連対率40% 複勝率56%

単勝回収率127% 複勝回収率92%

◆追分ファーム(三男 晴哉氏)

G1レーシング

勝率0% 連対率0% 複勝率13%

単勝回収率0% 複勝回収率13%

◆社台C白老ファーム(兄弟3人で運営)

勝率14% 連対率29% 複勝率43%

単勝回収率87% 複勝回収率167%

いかがでしょうか?

今年も圧倒的にノーザンファームですね。

年々、社台ファームとノーザンファームの差が開いている気もしますが、

ベタ買いで単勝回収率127%は強烈です。

ではノーザンファーム生産馬の

支配下一口馬主別の成績を見てみましょう。

◆サンデーレーシング

(16頭中、勝ち上がり3頭)

勝率19% 連対率38% 複勝率56%

単勝回収率80% 複勝回収率83%

◆キャロットファーム

(9頭中、勝ち上がり1頭)

勝率11% 連対率22% 複勝率33%

単勝回収率21% 複勝回収率45%

◆シルクレーシング

(11頭中、勝ち上がり7頭)

勝率64% 連対率64% 複勝率82%

単勝回収率462% 複勝回収率188%

このように現時点ではキャロットFが苦戦気味で、

末弟のシルクRが恐ろしい成績ですね。

 

なかでも軽いランニング感覚で2着馬に8馬身差を付けた

リアアメリアは注目でしょう。

 

あれ?シルクレーシングは新馬戦で8勝してないか?

と思った人もいると思いますが、

リアルインパクト産駒のラウダシオンは白老ファーム生産馬。

 

ノーザンファーム生産馬ではないので、

先ほどのデータには含まれていないのです。

 

リアルインパクトの名前が出たついでに、

ディープインパクトの後継種牡馬争いも見ておきましょう。

 

◆リアルインパクト

(18頭中、勝ち上がり3頭)

勝率17% 連対率39% 複勝率61%

単勝回収率37% 複勝回収率93%

 

◆キズナ

(30頭中、勝ち上がり2頭)

勝率7% 連対率20% 複勝率30%

単勝回収率31% 複勝回収率78%

 

◆ワールドエース

(15頭中、勝ち上がり1頭)

勝率7% 連対率27% 複勝率27%

単勝回収率23% 複勝回収率100%

 

今のところリアルインパクトがリードしていますが、

キズナもワールドエースも2~3着の馬がいるので、

まだ伸びしろはありそうですね。

 

ただディープインパクトは先日亡くなってしまいましたが、

抜きん出た後継種牡馬が育っていないイメージ。

 

こからの課題でしょう。

 

それにしても、リアルインパクトは良いですね。

 

シルクのリアルインパクト産駒、

一口買いたいなーという誘惑に駆られています。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。