『儲かるデータなのか?ただのガセなのか?を見極める方法』田中洋平

 

今回は儲かるデータなのか?

それともただのガセなのか?を見極める方法を伝授します。

 

『日刊コンピテクニカル6バージョンα』

 

例えば私の代表作、

テクニカル6のパターン6に注目してみましょう。

 

 

パターン6は堅い傾向のレースなので、

このようにコンピ上位の成績がいい感じになります。

 

ちなみに通常のコンピ1~3位の成績は以下の通りです。

 

 

勝率を見比べれば一目瞭然で、パターン6のコンピ上位は優秀ですね。

 

では、パターン6のコンピ1位の成績を、芝、ダート別に見てみましょう。

 

 

なんと!

 

芝の勝率が35.5%なのに対して、ダートの勝率が42.5%もあります。

 

さらにダートの単勝回収率は90%、複勝回収率は92%と高値で安定。

 

これにチョイ足しすれば、

安定したダート必勝法ができるのではないか?と色めき立つでしょう。

 

儲かる!儲かる!と、

目が¥マークになっている人もいそうです。

 

さて、ここが運命の分かれ道。

 

このまま下記の条件で、データ検証を推し進めるのか?

 

・テクニカル6のパターン6

・コンピ1位

・ダートのレースのみ

 

それとも「なぜダートの方が成績がいいんだ?」と疑問に思って、

面倒なリサーチをするのか?

 

あなたはどっちを選択しますか?

 

私は後者の「面倒なリサーチ」をする方を選びます。

 

その場合はまず、パターン6のコンピ2位と3位の芝、ダート別の成績をチェックします。

 

 

こうやって見てみると、

ダートの成績が突出しているのはコンピ1位だけと分かります。

 

コンピ3位に至っては、芝の方が良くて、ダートが悪いと、

逆転現象が起きています。

 

つまり単勝回収率は90%、複勝回収率は92%と高値安定で、

儲かりそうだった下記の条件は、いよいよ怪しいということになります。

 

・テクニカル6のパターン6

・コンピ1位

・ダートのレースのみ

 

ちなみにコンピ1位の成績を、

パターン別と、芝、ダート別に見てみましょう。

 

 

突出しているのはパターン6のダートだけで、

あとは芝、ダートに分けても、あまり差はないことが分かります。

 

ということで、今回の儲かるデータはガセと確定。

 

まずダートだけ成績が突出している理由がない。

 

次に突出しているデータの周辺をリサーチしても、

同じような傾向を示しているデータが存在しない。

 

ということは、ただの突然変異かデータの偏りで、

再現性が著しく低いと断定できる、ということですね。

 

データベースソフトTARGETの普及で、

自分で馬券術を考える機会が増えたと思いますが、

目先の儲かりそうなエサに引っかからないよう、気をつけないといけません。

 

儲かりそうな話があったら、

第3者の目線で、冷静に市場調査をしてみましょう。

 

この辺はビジネスと同じ共通するものがありますね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。