『ゴドルフィンはデビュー戦、プチ放牧帰り、クラシック路線で注目』田中洋平

今回は最近躍進しているゴドルフィンについて、

書いてみたいと思います。

 

UAE・ドバイの王族マクトゥーム家による競走馬管理団体で、

世界中で大活躍しているグループ。

 

高松宮記念とスプリンターズSを制した、

ファインニードル&川田騎手とのコンビが有名ですね。

 

そのゴドルフィンの母体、

ダーレー・グループは、2000年代後半に日本市場に参入。

 

当時は黒船の来襲で、

日本の牧場がダーレーにすべて駆逐される、

というようなウワサが出回っていたと思います。

 

しかしフタを開けてみると、

日本競馬会を牛耳る社台グループの壁が厚くて苦戦。

 

ダーレーは社台が苦手な芝の単距離&ダート戦狙いに、

作戦をシフトして現在に至ります。

 

前述のファインニードルも名スプリンターですが、

最近であればタワーオブロンドン。

 

京王杯スプリングカップ 1着

函館スプリントS 3着

キーンランドカップ 2着

 

マイル戦までの重賞を3勝しているゴドルフィンの代表馬。

 

さらに現3歳にはデュープロセスという馬で、

昇竜S1着、青龍S1着、ユニコーンS2着と、

ダート界の神星も誕生しています。

 

そして今夏もっとも印象的だったのが、

2歳Sでの活躍でしょう。

 

新潟2歳S ウーマンズハート 1着

札幌2歳S ダーリントンホール 3着

小倉2歳S トリプルエース 2着

 

このように夏の2歳戦で馬券に好成績を収めています。

 

しかも新潟2歳Sは芝1600mですし、

札幌2歳Sは芝1800mと、中距離も行けそうな気配。

 

これまでは社台の苦手な芝の単距離&ダート戦狙いだったが、

そろそろ日本の雰囲気もつかめてきたので、

クラシック方面にも色気を出し始めた。

 

とも想像できますね。

 

またプチ放牧の外厩帰りと言えば、

東のノーザンF天栄、西のノーザンFしがらきを要する、

ノーザンファームの天下というのが常識。

 

◆条件

前走からの間隔が10~25週(2か月~6ヵ月)

2016~2018年末の3年間

 

◆サンデーレーシング

勝率13% 連対率24% 複勝率31%

単勝回収率82% 複勝回収率76%

 

◆キャロットファーム

勝率11% 連対率20% 複勝率27%

単勝回収率73% 複勝回収率72%

 

◆シルクレーシング

勝率13% 連対率24% 複勝率31%

単勝回収率64% 複勝回収率72%

 

◆ゴドルフィン

勝率14% 連対率21% 複勝率30%

単勝回収率135% 複勝回収率99%

 

ノーザンファーム系の一口クラブ馬は、

外厩仕上げがあまりにも有名になったため、配当妙味がありませんね。

 

反対にゴドルフィンの外厩帰りは無名に近いので、

妙味たっぷりの回収率になっています。

 

そして外厩帰りの成績が素晴らしいということは、

新馬戦からいきなり活躍できる馬を仕上げられるということ。

 

そこで3年間の新馬戦の成績を見てみましょう。

 

◆条件

新馬戦

2016~2018年末の3年間

 

◆サンデーレーシング

勝率22% 連対率40% 複勝率52%

単勝回収率95% 複勝回収率99%

 

◆キャロットファーム

勝率26% 連対率41% 複勝率53%

単勝回収率119% 複勝回収率102%

 

◆シルクレーシング

勝率20% 連対率33% 複勝率48%

単勝回収率102% 複勝回収率95%

 

◆ゴドルフィン

勝率21% 連対率35% 複勝率43%

単勝回収率101% 複勝回収率90%

 

このようにすべてプラス回収ですが、

ノーザン系一口クラブは芝のレースのみに絞り込み。

 

ゴドルフィンはダートのレースだけに特化すると、

とんでもない成績と回収率になります。

 

とくにゴドルフィンはまだノーマークですし、

これから芝のレースでの伸びしろが大きいと思うので、

デビュー戦、プチ放牧帰り、クラシック路線で注目ですね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録