《伸びしろNo,1の外厩、吉澤EAST》高橋広治

 

こんにちは、高橋広治です。

 

よろしくお願いいたします。

 

外厩情報を中心に、競馬をいろいろな角度から分析し、

あなたの収支に役に立つ情報を提供しております。

 

 

今回は、吉澤ステーブルの東の分場、吉澤WESTについて書いてみようと思います。

 

その前に以前、吉澤WESTの回でも触れましたが、吉澤ステーブルは、北海道浦河にある、仔馬の馴教・基礎体力作りに特化した育成牧場のこと。

 

もちろん日高・浦河の馬を中心に預託されている事は言うまでもありません。

 

目と鼻の先にはJRAが作った壮大な育成施設(BTC)があるので、日高・浦河の小さな牧場で生まれた仔馬にも、しっかりした鍛錬を施す事ができるのです。

 

そんな吉澤ステーブルの東の拠点となっているのが吉澤EAST。

 

2013年に茨城県牛久市に開業しましたが、2年後の2015年に、より美浦トレセンに近い阿見町に移転しております。

 

吉澤WESTはそれなりの育成施設と規模を誇っていましたが、吉澤EASTは規模的にはWESTほどではなく、また預託馬数も100頭に満たないため、規模的には中規模程度という事が言えるでしょう。

 

ただ、規模的にはそれほどでもないとは言えども、今までたくさんの実績を積み上げてきた吉澤ステーブルのノウハウは少なからず活かされているでしょうから、今後ジャスタウェイやゴールドシップのような馬が、吉澤EASTの関東馬からいつ出て来ても、おかしくありませんよね。

 

それでは、吉澤EAST上がりの馬の成績を見てみることにしましょう。

 

外厩 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
EAST 5.4% 12.2% 18.4% 77 71

 

日高・浦河の馬が大部分なので、成績がこんなものでもある程度は仕方ないです。

 

WESTの方は回収値が高く、外厩で儲けるならココ!みたいな事を書いたかと思うのですが、EASTの方では、それはあまり感じられないみたい。

 

もちろんこれから化ける事だって大いにありえますけど。

 

そのヒントを探るために、もう少し掘り下げていきましょう。

 

芝、ダート別の、間隔別の成績です。

 

まずは芝から。

 

間隔 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
5~ 9週 5.0% 12.0% 18.0% 30 51
10~25週 9.3% 15.3% 22.0% 126 84
半年以上 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
初出走他 8.5% 14.1% 21.1% 57 48

 

う~ん、間にしっかり休養を挟んだ馬の方が好走率も高いし、配当妙味もありそうです。

 

 

次にダート。

 

間隔 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
5~ 9週 4.1% 12.4% 21.1% 104 106
10~25週 4.1% 8.1% 11.6% 39 51
半年以上 4.2% 12.5% 12.5% 20 47
初出走他 7.0% 15.8% 19.3% 201 68

 

 

こちらは逆に、短期放牧と言いますか、間隔が短い方が結果を残しやすい傾向。

 

初出走も成績が良いように感じますが、こちらはN数が少なく(50頭位)、信ぴょう性と言う意味ではちょっと信じるのは早計かと。

 

とにもかくにも、EAST上がりは、芝では間隔の空いた馬、ダートでは間隔が短い馬を狙うのが良さそうです。

 

競馬の定石通りとも言える狙い方なので、これからも再現性は期待できそう。

 

限りないポテンシャルを秘めていそうで、個人的にはこれから1番化けそうな外厩と睨んでいる外厩、吉澤EAST。

 

私に先見の明があるはずもありませんが、信じる信じないは、あなた次第です。

 

ぜひ馬券力向上への参考にして下さい。

 

今回の記事は以上です。

 

ありがとうございました。

 

 

投稿者プロフィール

高橋 広治
高橋 広治
データを駆使した戦略競馬の賢才
人と違う視点や切り口で競馬を分析することに長けている頭脳派。データ分析ソフト『TARGET』を使いこなして、周りがアッと驚く馬券術を生み出す。そのレベルは折り紙付きだ。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。