『武豊騎手&武幸四郎調教の兄弟仲は悪いのか?』田中洋平

 

12月1日の中京8レース、

1番人気ノーチラスが差し届かなかったシーンを見て、

あることを思い出しました。

 

『武豊騎手×キーファーズ』

 

このコンビで連想するのは、

2018年に開業した武幸四郎調教師の存在です。

 

武幸四郎調教師の初勝利は、2018年3月3日。

 

調教師として初めてのレースで、

キーファーズ×武豊騎手のタッグで勝利という、

絵に描いたようなスタートでしたね。

 

かなり印象的で、憶えている人も多いと思います。

 

しかし最近はあまり聞かないような気もするのは、

私だけではないはず。

 

そこで2019年12月2日現在のデータで、

武豊&武幸四郎兄弟の関係を調べてみました。

 

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
秋山真一 5- 4-14-39/62 8.1% 14.5% 37.1% 192 133
武豊 4- 6- 4-22/36 11.1% 27.8% 38.9% 37 92
岩崎翼 3- 0- 2-13/18 16.7% 16.7% 27.8% 240 172
ルメール 3- 0- 0- 1/ 4 75.0% 75.0% 75.0% 187 87
浜中俊 2- 4- 2-16/24 8.3% 25.0% 33.3% 52 125
菱田裕二 2- 1- 0-13/16 12.5% 18.8% 18.8% 190 73
吉田隼人 2- 1- 0-18/21 9.5% 14.3% 14.3% 49 36
池添謙一 2- 0- 0-15/17 11.8% 11.8% 11.8% 307 75
太宰啓介 1- 1- 2- 6/10 10.0% 20.0% 40.0% 57 75
高田潤 1- 1- 1- 3/ 6 16.7% 33.3% 50.0% 51 71
竹之下智 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3% 886 278
北村友一 1- 0- 3- 5/ 9 11.1% 11.1% 44.4% 125 176
藤岡康太 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 114 35
小坂忠士 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 205 110
マーフィ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 380 160
M.デム 0- 1- 6- 5/12 0.0% 8.3% 58.3% 0 118
和田竜二 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0% 0 55
松山弘平 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 38
水口優也 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 35
富田暁 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 95

 

 

2018~2019年の2年間で、

武幸四郎調教師の管理馬の騎手別データを着度数順にソート。

 

勝利数の多い騎手が上位になっていて、

トップの20人を抜き出しています。

 

注目はやはり5勝を挙げてトップの秋山真一郎騎手でしょう。

 

兄、武豊騎手よりも騎乗数が多く、

武幸四郎調教師がもっとも多く騎乗依頼している騎手になります。

 

これはやはり2人が同期で仲が良いからでしょう。

 

他にも池添謙一騎手、太宰啓介騎手、竹之下智昭騎手が一期下で、

自分に近い関係に騎乗依頼しているのが分かりますね。

 

そして注目の武豊騎手に騎乗依頼した馬の、馬主さんの内訳が以下の通り。

 

馬主(最新/仮想) 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
DMMドリームクラブ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 155
キーファーズ 2- 3- 1- 4/10 20.0% 50.0% 60.0% 50 142
ノースヒルズ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
松島千佳 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
松本好隆 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 286 143
前田幸治 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 350

 

 

依頼の多いトップ6の馬主さんを抜き出しています。

 

武豊騎手で凱旋門賞を!明言しているキーファーズ10回、

武兄弟と付き合いの長いメイショウの松本好隆さんが3回、

そしてキズナ系の前田幸治さんとノースヒルズが合わせて4回。

 

これを合計すると17回になり、

武豊騎手が騎乗している36回の約半分を占めることになります。

 

この3名(団体)の馬主さんは、

恐らく武豊騎手に乗って欲しくて騎乗依頼を出しているはず。

 

つまり武幸四郎調教師の意思ではいということ。

 

このように書くと、

実は兄弟仲が悪いのではないか?と邪推してしまいますが、

色んなエピソードから、武兄弟の仲は悪くないようですね。

 

騎手時代同様に、兄弟間でナアナアの関係にはならない。

 

お互い独自路線で活躍することに、

重きを置いているのかもしれませんね。

 

では同じく2018年に開業した、

いとこの武英智(ひでのり)調教師はどうなんでしょう?

 

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
松田大作 10-11- 2-34/57 17.5% 36.8% 40.4% 214 111
富田暁 3- 2- 4-45/54 5.6% 9.3% 16.7% 130 67
四位洋文 2-11- 7-37/57 3.5% 22.8% 35.1% 12 84
武豊 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0% 238 58
斎藤新 1- 2- 0- 5/ 8 12.5% 37.5% 37.5% 38 150
田中健 1- 2- 0- 4/ 7 14.3% 42.9% 42.9% 21 218
横山典弘 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 127 77
城戸義政 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3% 528 123
藤岡佑介 1- 0- 0-18/19 5.3% 5.3% 5.3% 63 17
藤懸貴志 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 407 94
浜中俊 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 495 117
戸崎圭太 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 3160 640
黒岩悠 0- 2- 1- 2/ 5 0.0% 40.0% 60.0% 0 238
横山武史 0- 2- 0- 0/ 2 0.0% 100.0% 100.0% 0 180
ルメール 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 82
高田潤 0- 1- 1-12/14 0.0% 7.1% 14.3% 0 276
菱田裕二 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 140
田辺裕信 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 285
M.デム 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 270
北村宏司 0- 0- 2- 2/ 4 0.0% 0.0% 50.0% 0 392

 

武豊騎手にたくさん騎乗依頼していることを期待しましたが、

こちらもあまり多くありませんね。

 

松田大作騎手と四位洋文騎手の騎乗数が多いのは、

ペプチドの冠名のお馴染みの沼川一彦オーナーの馬に騎乗しているから。

 

この沼川一彦オーナーは、

武英智調教師と木原一良調教師の2人に、

近年は所有馬のほとんどを委託しています。

 

そして木原一良調教師と言えば、

武英智調教師が騎手を引退してから、

しばらく調教助手を務めていた厩舎。

 

つまり武英智調教師は、

木原一良調教師に可愛がられていて、

人脈を少しずつ継承してもらっている最中なのでしょう。

 

ちなみに3番目に騎乗機会の多い富田暁騎手は、

木原一良厩舎所属の騎手なので、付き合いが深いのは当然でしすね。

 

そこで武英智調教師が騎手時代に、

木原一良厩舎から騎乗依頼があったのか?を調べてみました。

 

期間は2007年から、

騎手を引退する2012年までの6年間。

 

騎手を引退する2012年9月30日の直前、

9月22日に1度だけ騎乗して、10番人気の馬で3着しています。

 

意外と騎手時代は関係がなく、

辞めて木原一良厩舎の調教助手になってから、

信頼を勝ち取ったという感じでしょう。

 

昔より希薄になったと言われていますが、

やはり競馬業界は人脈が大切だということが分かりますね。

 

このようにTARGETで仲の良い騎手と調教師の関係を追えば、

新しい馬券術のキッカケを発見できると思います。

 

ぜひ参考にしてください。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録