『新馬、未勝利戦を差して勝利した馬は期待できる』田中洋平

新馬戦や未勝利戦は、

前目のポジションに付けたら、上位争いできることが多い。

 

基本的に競馬は逃げた者勝ちですが、

下級条件では特にその傾向が強い気がします。

 

能力が違いすぎて、逃げるつもりはないけど、

出たなりで行ってそのまま圧勝!というケースが多い。

 

あとは若いうちは、我慢することが出来ないので、

行きたがってしまう馬もいます。

 

この場合は、相手のレベルが低い時なら勝てますが、

少しレベルが上がると、厳しくなります。

 

で、何が言いたいか?ということなんですが、

重賞やオープンクラスになると、

鋭い末脚が注目されることが多く、差し追込馬が過剰人気になります。

 

そして反対に、下級条件では

逃げたり先行する馬が過剰人気になる傾向です。

 

ということは、

 

新馬、未勝利戦を差し&追込で勝利した馬は、

展開の利ではなく実力で勝利したので強いハズだけど、

次走であまり注目されないので、おいしいのではないか?

 

という仮説を立てて調べてみます。

 

期間:2013~2016年

 

前走逃げて勝ち 今回勝率8.1% 単勝回収率60%

 

前走先行して勝ち 今回勝率8.0% 単勝回収率63%

 

前走差して勝ち 今回勝率9.3% 単勝回収率96%

 

前走追い込んで勝ち 今回勝率10.0% 単勝回収率84%

 

このような成績になります。

 

前走、後ろに控える競馬をして勝利した馬の方が、

勝率が高いですし、目立たないので回収率も高いですよね。

 

では前走、差し追い込みだった馬だけ抜き出してみましょう。

 

勝率9% 連対率18% 複勝率26%

単勝回収率94% 複勝回収率74%

 

このようになります。

 

ここから今回ナメられる要素をプラスしてみましょう。

 

それは前走が4番人気以下だった馬。

 

『前走新馬戦か未勝利戦で、

差す競馬で勝ち上がってきたけど、6番人気だったのか!』

 

『なんか、まぐれっぽいな!』

 

『さすがに昇級初戦からは厳しそうなので、今回は見送りだな!』

 

という評価になるのは当たり前ですよね。

 

勝率6% 連対率12% 複勝率17%

単勝回収率123% 複勝回収率72%

 

しかし実際はこのような成績になります。

 

なんとなくのイメージの裏には、

お宝が眠っているこが多いので注目してみましょう。

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。