『自分の型にハマッたら落ちてる金を拾いましょう』田中洋平

今日は馬券購入のスタイルについて。

 

多くの馬券巧者が自分の得意な馬券の型を持っていると思います。

 

『〇・●・△・▲・□・■・◇・◆』

 

本当は無限ですが、例えで上記8つの型とします。

 

そしてあなたの型は『▲』だったとしましょう。

 

この『▲』はいい感じに稼げる馬券術です。

 

1R ●

2R △

3R ◇

4R ●

5R ◆

6R 〇

7R 〇

8R ◇

9R ■

10R ■

11R □

12R ▲ ←的中

 

このように1Rから『▲』を買い続けると、12Rで的中します。

 

これは例なので、12Rに的中していますが、

1Rからいきなり的中もあるでしょうし、3連続的中なんかもあるでしょう。

 

2場や3場開催なので、他の競馬場で的中していることもあると思います。

 

それはとりあえず置いておいて、

ここで言いたいことは、ブレずに『▲』を買い続けることです。

 

あまりにも不的中が続くと、ブレる人が多いのも事実。

 

9Rあたりからイライラして、

メインレースの頃には当てに行ってしまいます。

 

『■』なのか?

はたまた『〇』なのか?

という感じで、違う型を狙いに行くブレブレモード。

 

結果は『□』でハズレ!

 

さらにイラッとして、

12Rも違う型を狙いに行くと、結果は『▲』でドボン!

 

自分の型を貫いていれば当たったのに!と悔しい思いをすることになります。

 

馬券が外れるのは面白くないですが、

そこはグッと我慢をして、

自分の型にハマッたら落ちてる金を拾いましょう。

 

それを冷静にできるようになったら、次はレース選び。

 

全レース買うのはオススメできないので、

『▲』が出現しやすいレースを見極める研究に取り掛かりましょう。

 

オッズやコンピ指数を使って波乱度合いを測ったり、

ハンデ戦やローカル重賞などの荒れやすいレース条件で絞ったりと、

アプローチのやり方は色々とありますからね。

 

1)自分の型を決めて貫き通す

 

2)参加するレース見極めて的中率を上げる

 

この2つを遂行できるようになると、かなり強くなれます。

 

今週末から意識してみてください。

 

 

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。